ID・パスワード方式をご利用のお客さまへ
電子証明書方式への切替えのご案内

最近、お客さまのパスワード等が不正に盗み取られ、お気づきにならないうちに振込みなどの取引が行われる事件が発生し、問題となっております。
より安全に、より安心してインターネットEBをご利用いただくために、ID・パスワード方式から電子証明書方式への切替えをお願いします。

□電子証明書のご利用は無料です。
 ID・パスワード方式から電子証明書方式への切替えに新たな費用は発生しません。
□電子証明書は最大20名までご利用可能です。(マスターユーザ1名、一般ユーザ19名)

電子証明書方式とは?

ID・パスワードに加え、電子証明書を用いて本人確認を行うログイン方式です。
インターネット上の取引において、「本人の証明」「盗聴・内容の改ざんの防止」等のセキュリティ強化のために「電子証明書」を用いる方式で、万一、ID・パスワードが盗まれても第三者に勝手にログインされることの防止を目的としています。
電子証明書は、「公開鍵暗号基盤(PKI)」と言われる世界標準の暗号技術を利用しています。
具体的には他人に渡すことを前提にした「公開鍵」と他人に渡さないことを前提にした「秘密鍵」という2つの電子的な鍵を使用します。
この技術の特性として「公開鍵」で暗号化した情報はその公開鍵に対応した「秘密鍵」でしか解読できません。また、「秘密鍵」で暗号化した情報はその秘密鍵に対応した「公開鍵」でしか解読できません。この公開鍵の所有者を証明するものを「公開鍵証明書」と呼びますが、この「公開鍵証明書」に「電子証明書」が利用されています。

電子証明書方式とは?

電子証明書を利用されますと、電子証明書をインストールしたパソコン以外からはサービスを利用することができません。万一、ID・パスワードが悪意のある第三者に知られたとしても正当な電子証明書と異なる電子証明書が送信された場合には、認証されませんので、ID・パスワード方式よりも安全性が高い認証方式と言えます。
<電子証明書を利用しない場合>
電子証明書を利用しない場合
<電子証明書を利用する場合>
電子証明書を利用する場合

※電子証明書が格納されているパソコンとID・パスワードすべてが盗まれた場合は、不正利用を防止できません。

電子証明書方式への切替え方法は?

ID・パスワード方式から電子証明書方式への切替えには、当行所定の書面によるお手続きが必要です。取引店へお申し付けください。
※パソコンのOSがMacOSなど、ご利用環境によっては電子証明書方式をご利用いただけない場合があります。ご利用いただける環境はこちらでご確認ください。
インターネットEBサービスの詳細につきましては
  池田泉州銀行各支店
  店舗・ATM
  または
  EBサポートセンターへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-27-7575
受付時間:銀行営業日 午前9:00〜午後5:00
でんさいネットサービスの詳細につきましては
  でんさいネットサービス専用ヘルプデスクへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-110328
受付時間:銀行営業日 午前9:00〜午後6:00
Web外国為替サービスの詳細につきましては
  Web外国為替サービス専用ヘルプデスクへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-86-5950
受付時間:平日/9:00〜17:00