外貨預金ATMサービス規定

1.サービス内容

  1. (1)外貨預金ATMサービス(以下「本サービス」といいます)は、外貨普通預金規定の定めにかかわらず、当行所定の現金自動預入払出兼用機(以下「ATM」といいます)で、普通預金(総合口座取引の普通預金を含みます。以下同じです。)について発行したキャッシュカード(以下「カード」といいます)、および外貨普通預金通帳を使用して次の場合に利用することができるサービスです。
    1. @普通預金口座から預金を払戻し(「総合口座取引規定」にもとづく当座貸越による払戻しを含みません。)、同時にそれに相当する代り金外貨額を、外貨普通預金口座へ振替入金する場合。
    2. A外貨普通預金口座から預金を払戻し、同時にそれに相当する代り金円貨額を、普通預金口座へ振替入金する場合。
  2. (2)@.Aいずれの場合も、振替金額の換算相場は、取引時にATMの画面に表示される当行所定の外国為替相場を適用します。
  3. (3)本サービスの対象となる外貨普通預金への預入通貨は、当行所定の通貨とします。振替を行う外貨普通預金通帳と円建の普通預金のカードは同一店舗の同一名義の口座に限ります。

2.暗証の届出・照合

  1. (1)本サービスに使用する暗証は、カードの暗証と同一とします。
  2. (2)その他の暗証の届出・照合および偽造・盗難カード等に関する事項は「キャッシュカード規定」により取扱います。

3.振替の方法

  1. (1)本サービスを利用して振替資金を預金口座からの振替により払戻し、振替入金するときは、ATMの案内手順に従って操作し、ATMにカードおよび外貨普通預金の通帳を挿入し、届出の暗証および振替金額を正確に入力してください。この際、普通預金通帳、および払戻請求書ならびに入金伝票の提出は必要ありません。なお、残高不足および合理的な理由により口座に停止が設定されている場合は振替できません。
  2. (2)振替金額の入力は、円貨額または外貨額のいずれでも可能とします。(入力単位は、円貨額での入力の場合は1円単位・外貨換算で1通貨以上。外貨額での入力の場合は1通貨単位とします。ただし、代り金の計算(円貨額入力の場合の代り金外貨額の算出、または外貨額入力の場合の代り金円貨額の算出)は取引時にATM画面に表示される外国為替相場にもとづき、当行所定の計算方法で行います。なお、円貨額での入力の場合、この計算の結果、振替円貨額が入力した円貨額と異なる場合があります。
  3. (3)振替の内容の確認操作を行った後は、画面表示の内容で振替処理を行います。振替の内容の確認操作後に、振替の訂正、取消はできません。
  4. (4)本サービスにおける1回あたりおよび1日あたりの振替金額は、当行所定の範囲内とします。

4.代理人カード

代理人カードは、本サービスに利用することはできません。

5.ATM故障等の取扱い

停電、端末故障、通信回線の障害等により、ATMによる取扱いができないときは、本サービスの利用はできません。また、外国為替相場の急激な変動により、本サービスを中断する場合があります。これにより生じた損害については、当行は責任を負いません。

6.ATMへの誤入力等

ATMの利用に際し、金額等の誤入力により発生した損害については、当行は責任を負いません。

7.お取扱いできるATM

お取扱いできるATMは当行本支店のATMに限り、その機種は当行所定の機種とします。

8.利用日・利用時間

本サービスの利用は、当行所定の利用日、利用時間に限るものとします。

9.為替リスク

外貨預金は、為替相場の変動により円貨でのお受取額が変動する預金です。外貨預金から払出しする際に適用される為替相場が、預入れの際に適用された為替相場と比べて円高の場合には、為替差損が発生します。また為替相場の変動がなくても、預入れ時と払出し時に適用される為替相場には差がありますので、円貨で元本割れが発生することがあります。

10.届出事項の変更

円預金口座、外貨預金口座等の届出事項に変更があるときは、当行所定の書面によって当店に届出てください。この届出前に生じた損害については、当行は責任を負いません。

11.規定の準用

この規定に定めのない事項については、外貨普通預金規定、キャッシュカード規定、普通預金規定、総合口座取引規定により取扱います。

12.規定の変更

当行は本規定の内容をお客様に通知することなく任意に変更することができるものとします。変更日以降は、変更後の内容で取扱います。

以上