手数料について

外貨預金の入出金に係る手数料について

くわしくはお取引店窓口までお問合わせください。

日本円によるお預入れ、払戻し 1米ドルにつき最大1円、1ユーロにつき最大1円50銭、1豪ドルにつき最大2円、1人民元につき最大30銭の為替手数料が、TTSとTTBにそれぞれ織り込まれています。
従って、米ドルの場合TTSとTTBに往復最大2円の差、ユーロの場合往復最大3円の差、豪ドルの場合往復最大4円の差、1人民元の場合往復最大60銭の差があります。
外貨現金(紙幣)による
お預入れ、払戻し ※1
1米ドルあたり2円80銭(最低金額2,500円)
1ユーロあたり4円(最低金額2,500円)
1豪ドルあたり10円50銭(最低金額2,500円)
※米ドル、ユーロ、豪ドル以外の現金はお取扱いしておりません。
外貨建仕向送金のための
払戻し ※1
仕向送金手数料4,500円
送金金額の0.05%(最低金額2,500円) ※2
外貨建被仕向送金の
ご入金 ※1
送金金額の0.05%(最低金額2,500円) ※2

※1ダイレクト支店、およびテレホンバンキングではお取扱いできません。
当行では旅行小切手(T/C)のお取扱いはしておりません。

※2送金条件によっては先方銀行の手数料等が必要な場合がありますが、先方銀行によっては手数料が異なるため、その金額や上限額または計算方法をあらかじめお示しすることはできません。

※3手数料は変更する場合があります。

【外貨預金に関するご注意事項】

  • ●外貨預金は、預金保険の対象ではありません。
  • ●円を外貨にする際(お預入時)の換算相場は電信売相場(TTS)を、外貨を円にする際(お引出時)は電信買相場(TTB)を適用します。換算相場には手数料分〔1米ドルあたり最大片道1円(往復2円)、1ユーロあたり最大片道1円50銭(往復3円)、1豪ドルあたり最大片道2円(往復4円)、1人民元あたり最大片道30銭(往復60銭)〕が含まれています。
  • ●外貨預金は、為替相場の変動により為替差損が生じ、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回るリスク(為替変動リスク)があります。また、為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料(通常、1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1豪ドルあたり最大4円、1人民元あたり最大60銭)がかかるため、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回ります。
  • ●特に人民元については、為替管理、政変、市場環境及び経済環境により、為替相場が大きく変動したり、場合によっては他の通貨に交換することができなくなるリスクがあります。
  • ●お預入れやお引出しを外貨でおこなう際は、当行所定の手数料が必要となります。
  • ●お客さまが希望される金融商品であっても、お客さまの金融商品・投資に対する知識やご経験、財産の状況等を踏まえ、お取引をお断りさせていただく場合がございます。

【外貨預金に係るお客さまの負担となる主な費用】

お取引に際しては、手数料等がかかる場合があります。手数料等は商品・通貨等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。

【2015年12月21日現在】
商号等
株式会社 池田泉州銀行
登録金融機関 近畿財務局長(登金)第6号
加入協会
日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会