• ホーム>
  • ダイレクトバンキング利用規定の改定について

ダイレクトバンキング利用規定の改定について

平成27年3月16日(月)、ダイレクトバンキング利用規定「第22条 不正な振込等による被害の補てん請求」を以下の通り改定いたします。

変更前 当行が善意かつ無過失であり、かつ、当該不正な振込等にかかる損害が会員の過失に起因する場合は、当行は、被害状況および過失の度合い等を勘案のうえ、補てん対象額を減額した金額を補てんする場合があります。
変更後 当行が善意かつ無過失であり、かつ、利用する端末の安全対策や暗証番号等の管理を十分に行っていない等、会員に過失がある場合は、当行は、被害状況および過失の度合い等を勘案のうえ、補てん対象額を減額した金額を補てんする場合があります。

インターネットバンキングの不正利用を防止するため、当行がご提供・推奨しているセキュリティ(ワンタイムパスワードフィッシング対策ソフト等)を積極的にご利用ください。また、ご注意いただきたい点についてはこちらをご覧ください。

以上