D.ユーザへの外為取引権限設定

「Web外国為替サービス」のご利用にあたり、ユーザへの外為取引権限の設定を行ってください。
※マスターユーザは全ての外為取引権限が自動的に設定されています。
 ユーザの追加登録を行われていない場合は、設定の必要はありません。

1.サービス連携を押します。

2.Web外国為替サービスへを押します。

3.Web外国為替サービスのトップ画面が表示されます。

外為管理を押します。

4.外為権限の照会・変更を押します。

5.権限を付与するユーザのログインIDをクリック

6.ユーザの情報を確認し、変更を押します。

7.権限情報を設定し、内容確認を押します。

権限情報の登録内容欄にチェックをしてください。チェックした権限が該当ユーザへ付与されます。
詳細は下表を参照ください。

「お客様の買い」「お客様の売り」ごとにチェックした通貨が利用可能となります。
また、入力した「一回あたりの取引可能金額(上限)」内で為替予約、およびリーブオーダーの取引が可能となります。

権限情報の登録内容欄をチェックした場合、以下の機能が利用できます。
登録内容 説明
 取引  依頼 対象取引の依頼データを作成することができます。
照会 自身が作成した取引、または自身が承認者に指定された取引を照会することができます。
(為替予約・リーブオーダーでは、他ユーザが依頼・確認した取引を含むすべての取引を照会することができます。)
全取引照会 他ユーザの取引を含むすべての取引を照会することができます。
テンプレート テンプレートの登録・変更を行うことができます。
確認 締結済為替予約取引の締結確認(コンファーム)を行うことができます。
(他ユーザが依頼した取引についても確認することができます。)
 承認 承認 対象取引の承認操作を行うことができます。
 管理 依頼人情報 依頼人情報の登録・変更を行うことができます。
受益者情報 受益者情報の登録・変更を行うことができます。
送金目的情報 送金目的情報の登録・変更を行うことができます。
操作履歴 全ユーザの操作履歴を照会することができます。

8.権限情報を設定し、実行を押します。

9.ユーザの外為取引権限の設定は完了です。

以上