外貨預金商品一覧

商品一覧

外貨普通預金
外貨定期預金

外貨普通預金の内容

お取扱い通貨 米ドル 豪ドル ユーロ 人民元
お預入れ金額 1通貨単位以上
※インターネットバンキングでは米ドル、ユーロ、豪ドルは100通貨単位以上10万通貨単位未満。人民元は100通貨単位以上60万通貨単位未満
お預入れ金利 金利一覧をご覧ください。
ATMでのお取引

ATMにて外貨普通預金取引をご利用いただけます。  ※キャンペーン実施中

外貨預金ATMサービス

インターネット
バンキングでの
お取引

ご自宅のパソコンやお手元のスマートフォンで各種お取引をご利用いただけます。

インターネットバンキング

定額自動振替
サービス

毎月一定額をご指定の日にお客さまの円普通預金等から外貨普通預金に自動振替するサービスです。

外貨普通預金 定額自動振替サービス

外貨定期預金の内容

お取扱い通貨 米ドル 豪ドル ユーロ 人民元
お預入れ金額 3,000通貨単位以上
※インターネットバンキングでは米ドル、ユーロ、豪ドルは1,000通貨単位以上10万通貨単位未満。人民元は1,000通貨単位以上60万通貨単位未満
お預入れ期間 ●自動継続(元加・利払)型:1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年
●普通型:1ヵ月以上1年以内
※インターネットバンキングでは、米ドル、ユーロ、豪ドル、人民元の自動継続(元加)型のみとなります。
お預入れ金利 市場金利の動向に応じて決定し店頭に表示します。お預入れ時の利率は満期まで変わりません。 ただし、中途解約される場合は、当該通貨の解約日における外貨普通預金利率を適用させていただきます。
金利一覧をご覧ください。
インターネット
バンキングでの
お取引

ご自宅のパソコンやお手元のスマートフォンで各種お取引をご利用いただけます。

円普通預金または円当座預金から外貨普通預金に自動振替

為替先物予約 お預入れ期間中であれば、取引店窓口にて満期日の為替相場を予約できます。
  • ※インターネットバンキングではお取扱いできませんので、取引店窓口にてお申込みください。
  • ※為替予約を締結することにより満期時の受取円貨額を確定させることができます。
  • ※満期時の元利金について1度のみのお取扱いとさせていただきます。
  • ※人民元は為替予約の締結はできません。

※個人の場合、人民元預金を介した中国とのクロスボーダー取引(預金を解約して中国に送金したり、中国から送金を受入れて預金する等)はできません。

プレミアム外貨定期預金  外貨預金送金手数料キャッシュバック

口座開設の方法

※お近くの支店窓口またはインターネットバンキングからお申込みいただけます。

外貨預金取引サービス詳細店舗・ATM・PatSat
支店窓口でお申込みの際お持ちいただくもの ・お届け印となる印鑑
・ご本人を確認できる書類

【外貨預金に関するご注意事項】

  • ●外貨預金は、預金保険の対象ではありません。
  • ●円を外貨にする際(お預入時)の換算相場は電信売相場(TTS)を、外貨を円にする際(お引出時)は電信買相場(TTB)を適用します。換算相場には手数料分〔1米ドルあたり最大片道1円(往復2円)、1ユーロあたり最大片道1円50銭(往復3円)、1豪ドルあたり最大片道2円(往復4円)、1人民元あたり最大片道30銭(往復60銭)〕が含まれています。
  • ●外貨預金は、為替相場の変動により為替差損が生じ、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回るリスク(為替変動リスク)があります。また、為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料(通常、1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1豪ドルあたり最大4円、1人民元あたり最大60銭)がかかるため、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回ります。
  • ●特に人民元については、為替管理、政変、市場環境及び経済環境により、為替相場が大きく変動したり、場合によっては他の通貨に交換することができなくなるリスクがあります。
  • ●お預入れやお引出しを外貨でおこなう際は、当行所定の手数料が必要となります。
  • ●お客さまが希望される金融商品であっても、お客さまの金融商品・投資に対する知識やご経験、財産の状況等を踏まえ、お取引をお断りさせていただく場合がございます。

【外貨預金に係るお客さまの負担となる主な費用】

お取引に際しては、手数料等がかかる場合があります。手数料等は商品・通貨等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。

【2015年12月21日現在】
商号等
株式会社 池田泉州銀行
登録金融機関 近畿財務局長(登金)第6号
加入協会
日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会