ICキャッシュカード<Type C>

Q&A


Q ICとは何ですか?
A 集積回路(integrated circuit)と呼ばれるもので、演算装置と記憶装置を持つ小型コンピュータのようなものです。一般的に、その中の情報は容易に盗み出すことはできないとされています。

Q 今、利用しているキャッシュカード(磁気タイプ)を、ICキャッシュカードへ切替えることはできますか?
A 可能です。支店窓口でお申込みください。

Q ICキャッシュカードの申込みは取引店以外でも可能ですか?
A 可能です。通帳、お届印、キャッシュカード(お持ちの方のみ)をお持ちください。尚、口座を新たに開設される場合は、免許証などの本人確認書類が必要です。

Q 「手のひら静脈認証」「指静脈認証」とは何ですか?
A 「手のひら静脈認証」とは、手のひらの中にある静脈情報により本人認証を行う方法で、「指静脈認証」とは手指の中にある静脈情報により本人確認を行う方法です。静脈は、万人不同、終生不変と言われており、厳格な本人認証が可能となります。また、認証には血液の流れまで判断するため、極めて偽造が困難です。

Q 手のひら静脈、指静脈の情報をどのようにICチップ内に登録するのですか?
A お客さまにご来店いただき、店頭に備え付けの登録端末により行います。

Q 生体認証の情報登録時に必要なものは何ですか?
A ICキャッシュカード、通帳、お届印、旧キャッシュカード(お持ちの方のみ)および本人確認資料です。本人確認資料は、運転免許証、パスポートなどの顔写真付き公的証明書類をご用意ください。

Q 手のひら静脈認証は必ず登録しないといけないですか。
A お客さまのご希望により、登録されても、されなくても結構です。

Q 指静脈認証は必ず登録しないといけないですか。
A お客さまのご希望により、登録されても、されなくても結構です。指静脈認証を登録される場合はあらかじめ手のひら静脈認証の登録が必要になります。

Q 生体認証を登録した後はどのように利用するのですか。
A 当行の手のひら静脈認証対応ATMや窓口での通帳によるご出金等に手のひら静脈認証による本人確認をさせていただきます。また、提携金融機関の生体認証対応ATMでのご出金等の場合も、手のひら静脈認証や指静脈認証による本人確認をさせていただきます。

Q 生体認証でも磁気ストライプでもICチップでもATMが利用できるとはどういうことですか。
A 手のひら静脈認証・指静脈認証に対応していないATMでも利用ができるという意味です。 また、お取引方法のセキュリティに応じて3段階のご利用限度額を設けていますので、安心してお使いいただけます。

Q 安全のため、生体認証のみで出金取引ができるようにしたいのですが。
A 別途、カード支払限度額設定依頼書をご提出いただき、磁気取引、IC取引の利用限度額を「ゼロ」に設定すれば、磁気ストライプやICチップと暗証番号でのATM出金はできなくなります。

Q 手のひら静脈・指静脈の情報登録は、取引店以外でも可能ですか?
A はい、最寄りの池田泉州銀行でご登録ください。

Q 代理人カードは発行できますか?
A ご本人さまと同居の親族1名に限り1枚まで発行いたします。法人カードの場合は、社内の代理人1名に限り1枚まで発行いたします。

Q 不正使用被害補償とは何ですか?
A 預金者保護法の対象とならない法人のお客さまや、詐欺や紛失などによる不正使用被害を補償するサービスです。なお、通帳や印鑑の盗難等による損害は含まれません。