• ホーム>
  • インターネットバンキングの不正利用にご注意ください

インターネットバンキングの不正利用にご注意ください!

金融機関を装うEメール等で偽のホームページに誘導すること(フィッシング)や、お客さまのパソコンをスパイウェア等のウイルスに感染させることでパスワード等を取得し、不正な振込取引等を行なう事件が発生しています。
また、還付金の支払い手続き等の口実で、インターネットバンキングを申込みさせたうえで、パスワード等を聞き取り、悪用する事件が発生しています。
インターネットバンキングの不正利用を防止するため、以下の点をご注意ください。

パソコンについて

  • 不審なEメールを不用意に開いたり、不審なサイト等へのアクセスやフリーソフトのインストールによりウイルスに感染しないようご注意ください。また、メーカーのサポートが終了したOS、ブラウザ、セキュリティ対策ソフト等は絶対に使用せず、インストールされている各種ソフトウェアは常に最新の状態に更新してご使用ください。
  • ご利用のパソコンへのウイルス等の感染を防ぐため、セキュリティ対策ソフトを導入いただき、常に最新の状態に更新し、定期的にウイルスチェックと駆除を行ってください。

    PhishWallプレミアム

  • 当行がご提供・推奨しているセキュリティを積極的にご利用ください。
    • 個人のお客さまはこちら(ワンタイムパスワードなど)
    • 法人のお客さまはこちら(電子証明書など)
  • 不特定多数の方が使用するインターネットカフェ等のパソコンはご使用を避けてください。
  • インターネットバンキングに使用するパソコンは、過去の入力履歴から、次の入力内容をあらかじめ表示するキーボード入力補助(オートコンプリート)機能を解除してご使用ください。
  • インターネットバンキングに使用するパソコンや無線LANルータ等は、未利用時に可能な限り電源をお切りください。
  • 法人インターネットバンキングを使用する場合は、取引の申請者(振込データ作成者)と承認者の権限を分け、別々のパソコンをご利用ください。
  • 不正利用を早期に発見するため、定期的に預金残高や取引履歴をご確認ください。身に覚えのない不審なお取引に気づかれた場合は、当行までご連絡ください。
  • 不正利用により多額の被害に遭わないよう、振込等のご利用限度額は必要な範囲でできるだけ低く設定することをお勧めします。

Eメールアドレスについて

  • 第三者に悪用される可能性があるため、フリーメールアドレス(無料でメールアカウントを取得できるアドレス)を登録することは避けてください。
  • お取引きの安全のため、メール通知パスワードや取引通知等の重要なお知らせが届くメールアドレスは、携帯電話会社の提供するメールアドレスを登録いただくことを強くお勧めします。

パスワードについて

  • インターネットバンキングにログインした際に不審な入力画面等が表示された場合は絶対に入力せず、当行までご連絡ください。
  • パスワード等は決して第三者に知らせないでください。また、第三者が指定するパスワード等は使用しないでください。
  • 生年月日、自宅や勤務先の住所・地番・電話番号、同一数字や連番等の推測されやすいパスワードの使用を避け、定期的に変更してください。
  • キャッシュカード等他のサービスや携帯電話等当行以外の取引で使用しているパスワードの使用は避けてください。
  • パスワードをメモに残しておくことや、パソコン内に保存することは避けてください。
  • 当行がEメールや電話等で会員番号やパスワード等をお聞きすることや入力を依頼することはございません。不審な点がございましたら当行までご連絡ください。