インターネットEB Q&A

サービス概要

電子証明書

question 電子証明書とは何ですか?
answer お客さまの申込により当社で電子証明書を発行し、お客さまのパソコンにインストールして利用して頂きます。
これまではインターネットに接続できればどのパソコンでも利用できましたが、電子証明書は使用できるパソコンが特定される (電子証明書をインストールしたパソコン以外では利用できません)ため、第三者による不正使用のリスクが軽減され、 セキュリティ面での強化が図れます。
question 今までと同じ利用環境(OS・ブラウザ等)で利用できますか?
answer 電子証明書は従来と比べて、使える環境(OS、ブラウザ等)が制限されます。
既存のお客さまで利用をご希望される場合は、 利用環境にご注意ください。
詳細は「ご利用環境」をご覧ください。
question FireFoxで電子証明書を利用できませんか?
answer 申し訳ございませんが、FireFoxでは電子証明書のご利用はできませんのでご了承ください。
question 電子証明書を利用した場合、今までと大きく変わることはありますか?
answer これまでは、インターネットに繋がる環境であれば、どのパソコンからでも利用できましたが、 電子証明書を利用した場合、電子証明書をインストールしたパソコンからしか利用できなくなります。
question 電子証明書はどうすれば利用できますか?
answer お申込時に選択いただけます。
question 電子証明書は何枚でも発行してもらえますか?
answer 電子証明書は1ユーザにつき1枚しか発行できません。1契約に対して20ユーザまで利用可能です。
question 電子証明書を申込んだ場合でも、今までのようにIDとパスワードでログインできますか?
answer 電子証明書を申込まれた場合、今までのようなIDとパスワードでのログインはできなくなります。
「電子証明書ログイン」画面から、ログイン操作をしていただきます。
question 電子証明書発行確認画面で「発行」ボタンを押しましたが何も起きないのですが?
answer セキュリティパッチ(MS02-048)が適用されていない場合、「発行」ボタンを押しても動作しません。
セキュリティパッチが適用されているか再度ご確認ください。
question 電子証明書の発行時に「潜在するスクリプト違反」ダイアログが出力されるのですが?
answer 「潜在するスクリプト違反」ダイアログは、Internet Explorerで電子証明書を発行するときに利用する ActiveXコンポーネント(xenroll.dll)が出力するものです。
このダイアログは申請者に注意を促すためのメッセージです。
正常に発行を行っている場合には問題ありません。
また、本ダイアログでは「はい」を選択してください。
question 電子証明書を発行しようとするとエラー画面が表示されるのですが?
answer 以下の点を再度ご確認ください。
  1. OS、ブラウザ環境の確認
サポートされているOS、ブラウザを再度ご確認ください。詳細は「ご利用環境」をご覧ください。
  2. ブラウザの再起動
全てのブラウザを一旦閉じ、再度電子証明書を発行してみてください。
question 電子証明書の発行が正常に完了しましたが、ブラウザで確認したところ電子証明書がインストールされていないのですが?
answer 次の点をご確認ください。
  1. ブラウザの種類の確認
発行を行ったブラウザと異なるブラウザ環境で参照されていませんか。
Internet Explorerで発行した電子証明書はNetscapeでは利用できません。
  2. 「更新」での確認
画面に電子証明書発行結果確認画面が表示されているのであれば、部分的に文字化けしていませんか?
この場合、ネットワークの問題などにより電子証明書の追加途中でエラーが発生している可能性があります。
ブラウザの「更新」ボタンを押してください。
再度通信を行うことでブラウザに正しく電子証明書が追加される場合があります。
    上記以外の場合
その他の障害で電子証明書が正しく追加できていない可能性があります。
この場合、一旦、電子証明書の失効手続を行った後に、再発行を行う必要がありますので、 お取引店またはEBサポートセンターまでお問い合わせください。
question 電子証明書の内容を確認したいのですが?
answer Internet Explorerでは以下の方法で電子証明書の内容を確認できます。
  1. Internet Explorerを起動し、メニューバーより[ツール]→ [インターネット オプション]をクリックします。
  2. [コンテンツ]タブをクリックし、[電子証明書]ボタンをクリックします。
[電子証明書]の管理画面が表示されます。
  3. [個人]タブをクリックします。
[個人]タブの一覧に表示される電子証明書が電子証明書です。
複数ある場合は、確認したい電子証明書をダブルクリックするか、確認したい電子証明書を選択後「電子証明書の目的」にある 「表示」を押してください。
question 「電子証明書ログイン」ボタンを押すと、電子証明書選択ダイアログの一覧が真っ白で表示されますが?
answer 以下の内容をご確認ください。
  1. 接続するサイトのURLをご確認ください
接続するサイトのURLを誤っていますと電子証明書選択一覧に表示されません。URLを再度ご確認ください。
[接続先URL]
https://www.bizsol.anser.ne.jp/0161c/rblgi01/I1RBLGI01-S01.do
  2. 電子証明書は取得していますか
電子証明書一覧に表示されるには、 そのサイトの電子証明書を取得していなければなりません。
ブラウザに電子証明書が追加されているか再度ご確認ください。
question 電子証明書の選択ダイアログを「キャンセル」すると、接続できないようになりましたが?
answer いったんブラウザを閉じて、再度ログイン画面を表示してください。
※InternetExplorerでは、SSLセッションIDと呼ばれる認証の為の情報を一時的に保持しています。
このため、電子証明書選択のダイアログで[キャンセル]したり、正しく接続できなかった場合には、 その状態でセッションIDが保持されているので、正しく接続できません。
現在開いているブラウザを閉じて、 新規に開き直すことで、保持されていたセッションIDがクリアされ、電子証明書ログイン画面に接続できる状態となります。
question 電子証明書選択ダイアログが表示されませんが?
answer 以下の内容をご確認ください
  (1)「TLS」の設定確認
電子証明書を動作させるためには、「TLS」を有効に設定している必要があります。ブラウザの設定をご確認ください。
  1. Internet Explorerを起動し、 メニューバーより[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。
  2. [詳細設定]タブをクリックし、「セキュリティ」項目内の[TLS 1.0を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および [TLS 1.2 の使用]にチェックを行ってください (使用可能な場合)。また、[SSL 2.0を使用する] [SSL 3.0を使用する]にチェックがある場合は外してください。
  3. オフになっている場合には、オンにして[OK]をクリックします。
  4. ブラウザを閉じ、再度クライアント認証サイトに接続します。
  (2)接続操作の確認
全てのブラウザを一旦閉じ、開き直して下さい。
  ※InternetExplorerでは、SSLセッションIDと呼ばれる認証の為の情報を一時的に保持しています。
このため、電子証明書選択のダイアログで[キャンセル]したり、正しく接続できなかった場合には、 その状態でセッションIDが保持されているので、正しく接続できません。現在開いているブラウザを閉じて、 新規に開き直すことで、保持されていたセッションIDがクリアされ、電子証明書ログイン画面に接続できる状態となります。
question 電子証明書の選択ダイアログが表示されずに接続できてしまうことがありますが?
answer 以下の点をご確認下さい。
  なお、どちらのケースでも証明書を使って接続が行われているため、問題はありません。
  (1)接続操作の確認
一旦ブラウザを閉じて新しいブラウザでアクセスしてください。
  ※InternetExplorerでは、SSLセッションIDと呼ばれる認証の為の情報を一時的に保持しています。
そのため、同じブラウザで同じサイトにアクセスすると、証明書の提示を要求されません。
なお、一度別のサイトにアクセスした後に元の電子証明書ログイン画面に戻った場合も、同じブラウザを利用している限り、 証明書の提示を要求されません。
  (2)ブラウザの設定の確認
ブラウザの設定が影響し現象が発生している可能性があります。以下の設定をご確認ください。
  1. Internet Explorerを起動し、メニューバーより[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックし、[インターネット](または「信頼済みサイト」にANSER-BizSOLのアドレスを登録している場合は「信頼済みサイト」)アイコンをクリックして[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。
  3. 「その他」項目内の「既存のクライアント証明書が1つ、または存在しない場合の証明書の選択」の設定を確認します。
  ※証明書を1つしか持っていない状態で、「有効にする」に設定していると証明書の選択ダイアログが表示されません。
question 以前は使用できていた電子証明書で、接続できなくなりましたが?
answer 以下の点をご確認ください。
  1. 電子証明書の有効期間の確認
電子証明書には、有効期間があります。期限が切れると電子証明書は使用できなくなります。
電子証明書の有効期間をご確認ください。
  2. 電子証明書の状態の確認
電子証明書が破損していないかをご確認ください。
この場合、電子証明書の失効を行い、 再取得していただく必要があります。
  3. OSのログインユーザーの確認
OSへログインした際のユーザーが、電子証明書を取得時のユーザーと同じでなければ、 その電子証明書を使用できません。
異なるユーザーでログインしている場合には、 電子証明書取得時のユーザーでログインし直してください。
question 電子証明書のバックアップを取ることはできますか?
answer 電子証明書のバックアップ(エクスポート)は、セキュリティ上行うことはできません。
question 現在使用している電子証明書を他のPCに移すこと(エクスポート)はできますか?
answer 現在使用されている電子証明書は他のPCで使うことはできません。
他のPCで作業を行いたい場合は、 一度失効手続きを行ったうえで再取得を行っていただく必要がありますので、お取引店またはEBサポートセンターまでお問い合わせください。
question OSの再インストール後、電子証明書が無くなりましたが?
answer OSの再インストールにより電子証明書も削除されたと思われます。
一旦、電子証明書の失効を行った後に、 再発行を行う必要がありますので、お取引店またはEBサポートセンターまでお問い合わせください。
question PCを修理に出したところ電子証明書が利用できなくなりましたが?
answer 原因として、以下の様な点が考えられます。
  1. OSを再インストールされている
ブラウザに電子証明書がインストールされているのかをご確認ください。
  2. 電子証明書が削除されている
何らかの原因により電子証明書が削除されている可能性があります。
ブラウザに電子証明書がインストールされているのかをご確認ください
  3. 電子証明書が破損している
何らかの原因により電子証明書が破損している可能性があります。
  なお、上記のような場合、一旦、電子証明書の失効手続を行った後に、 再発行を行う必要がありますので、お取引店またはEBサポートセンターまでお問い合わせください。
question 電子証明書のプロパティに「情報不足のため、この電子証明書を検証できません」と表示されていますが?
answer 電子証明書を発行した場合、ルート電子証明書がブラウザに追加されていないため、 このように表示されます。
動作やセキュリティーに問題はありません。
question 電子証明書の有効期限とは何ですか?
answer 電子証明書は一度取得するといつまでも使えるものではなく、発行してから一定期間を経過すると利用できなくなります。
電子証明書の有効期限とは電子証明書が利用できなくなる日時のことを言います。
有効期限が終了した電子証明書はご利用になれませんので、 新しい電子証明書に更新する必要があります。
question 電子証明書の有効期間はどのくらいですか?
answer 電子証明書を発行してから1年(366日)間です。
question 電子証明書の有効期限はどのようにしたら確認できますか?
answer 以下の方法で確認できます。
  1. Internet Explorerを起動し、メニューバーより[ツール]→[インターネット オプション]をクリックします。
  2. [コンテンツ]タブをクリックし、[電子証明書]ボタンをクリックします。
[電子証明書]の管理画面が表示されます。
  3. [個人]タブをクリックします。
  4. [個人]タブの一覧に表示される電子証明書が本人の電子証明書です。
  一覧から有効期限を確認したい電子証明書をクリックし、 [表示]ボタンをクリックします。電子証明書の情報画面が表示されます。
[全般]タブに表示されている有効期間「YYYY/MM/DD から YYYY/MM/DD」を確認します。
question 電子証明書の有効期限が切れるとどうなりますか?
answer 電子証明書の有効期限が切れると、電子証明書を利用してのログインができなくなります。 (電子証明書の選択ダイアログに表示されなくなります。)
question 電子証明書の更新はいつからできますか?
answer 電子証明書の有効期限が切れる40日前から更新ができます。
question 電子証明書の有効期限が切れてしまいましたが、更新できますか?
answer 電子証明書の更新は可能です。
ただし、ログインできませんので、ログイン画面の「電子証明書取得」ボタンを押し、 ログインID、ログインパスワードを入力の上、更新を行ってください。
question 有効期限が終了した電子証明書は自動的に削除されますか?
answer 発行したブラウザに追加した電子証明書は自動的に削除されません。
期間内、期限切れに関わらず電子証明書の一覧に表示されています。
(確認方法は上記の電子証明書の有効期限の確認方法を参照)一覧の表示では、 特に有効期間内の電子証明書と異なる点はありません(詳細表示ボタンを押すと、有効期限切れの表示がされています)。
また、電子証明書でログインを行う際の電子証明書選択ダイアログでの表示も変わりません。
インターネットEBサービスの詳細につきましては
  池田泉州銀行各支店
  店舗・ATM
  または
  EBサポートセンターへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-27-7575
受付時間:銀行営業日 午前9:00〜午後5:00
でんさいネットサービスの詳細につきましては
  でんさいネットサービス専用ヘルプデスクへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-110328
受付時間:銀行営業日 午前9:00〜午後6:00
Web外国為替サービスの詳細につきましては
  Web外国為替サービス専用ヘルプデスクへお問い合わせください。
  フリーダイヤルフリーダイヤル0120-86-5950
受付時間:平日/9:00〜17:00