セキュリティについて

インターネットバンキング

商品・サービスのご案内

店舗・ATMのご案内
  • キーワードから探す

    sihd0161 ShopW FREE_SRCH SJIS
  • 最寄り駅から探す

    sihd0161 StW 13,26,27,28,30 SJIS
店舗・ATMのご案内
  • キーワードから探す

サイト内検索  PCサイトへ

インターネットバンキング・モバイルバンキング

■通信の暗号化
お客さまの情報を保護するため、暗号化通信方式を採用しています。

■本人確認
会員番号、ログインパスワード、確認パスワードにより、ご本人であることを確認しています。モバイルバンキングは、利用登録いただいた携帯電話からのみご利用いただけます。

  • パスワードは、ログイン後の「パスワード変更」ボタンからいつでも変更可能です。定期的に変更されることをお勧めします。また、90日間変更されていない場合は、ログイン時にパスワード変更を促す画面が表示されます。
  • パスワードを忘れたお客さま、一定回数連続して誤入力されサービス停止となったお客さまは、「ダイレクトバンキング利用申込書」にて、新しいパスワードの再登録手続きをお願いします。
  • インターネットバンキングにおけるログインパスワードの場合は、ログイン画面内の「インターネット申込受付」から所定の事項を入力いただくことで、再登録が可能です。
  • 登録いただいたパスワードは、暗号化されているため、お問合せにはお答えできません。

リスクベース認証(合言葉による追加認証)
お客さまがインターネットバンキングを利用しているアクセス環境(アクセス場所、使用機器、ブラウザ等)を分析し、普段利用している環境と異なると判断した場合は、ログイン時に会員番号とログインパスワードに加えて、お客さまにあらかじめご登録いただいた「合言葉」による追加認証を行う不正利用対策です。
※転居やパソコンの入替え等により、ご本人の場合でも追加認証が行われる場合がございます。

ワンタイムパスワード
ワンタイムパスワードとは、1分ごとに変わる1回限りのパスワードで、ログインする際に、会員番号とログインパスワードに加えてご入力いただきます。パスワードを表示する方法は2種類からお選びいただけます。

メール通知パスワード(平成28年3月21日から、携帯電話のアドレスが必要です。)

ワンタイムパスワードをご利用でないお客さまが、振込取引を実行する場合、従来の確認パスワードに加え、Eメールで通知するパスワードの入力が必要です。

■フィッシング対策
当行を装ったEメールやホームページを用いて個人の金融情報を聞き出そうとする手口については、以下の対策を実施しています。

フィッシング対策ソフト  PCサイトへ
PhishWall(フィッシュウォール)は、株式会社セキュアブレインが提供しているフィッシング対策ソフトです。お客さまのパソコンにインストールしていただくと、PhishWall対応Webサイトにアクセスした際、ブラウザのツールバーに緑色のシグナルを表示して、アクセスしているサイトが本物であることを簡単に確認することができます。

○EV SSL証明書
InternetExplorer7以降やFirefox3以降等でインターネットバンキング(ポイントサービス専用画面を除く)にアクセスすると、アドレスバーが安心を示す緑色に変わり、ホームページの運営組織の実在性を明確に特定することができます。
アドレスバーの横には、【ホームページを運営する組織名】と、【証明書を発行した認証局】名が表示されます。

※本機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定が必要です。くわしくは合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ  PCサイトへをご覧ください。

○RSA FraudAction®
当行ホームページなどに見せかけた偽のWebサイト(フィッシングサイト)が発見された場合、偽サイトを速やかに閉鎖するサービスで、EMCジャパン株式会社が、世界各国のインターネットサービスプロバイダーと協力し、24時間365日体制で実施しています。

■スパイウェア対策
Eメールなどの形でパソコンに侵入し、パソコンに入力されたパスワードなどの個人情報を利用者が気づかないうちに収集してインターネット経由で送信するプログラムについては、以下の対策を実施しています。

○ソフトウェアキーボード
パスワード等入力時に、ソフトウェアキーボードを表示します。画面上のキーボードをクリックして、パスワード等を入力することができます。キーボードの操作履歴を盗むタイプのスパイウェアに対して、通常のキーボードより安全な入力方法です。
※スパイウェアに対する安全性を保証するものではありません。

携帯ロックサービス  PCサイトへ
インターネットバンキングやモバイルバンキングをご利用の際に、モバイルバンキングからロックを解除しなければ、振込、振替、定期預入ができないよう、お客さまの口座にロックを設定するセキュリティサービスです。

■不正利用検知
○ログイン履歴の表示
ログイン後の画面で、直近3回のログイン日時を表示します。身に覚えのないアクセスがあった場合は、お客さまご自身の操作で「サービス緊急停止」を行うとともに、テレホンセンターまでご連絡ください。

○取引通知メール
取引受付や資金移動結果等をEメールで通知します。また、Eメールアドレスの登録・変更時にも通知します。大切なお知らせですので、Eメールは正しく登録いただきますようお願いします。また、Eメールアドレスを変更された場合は、必ずログイン後の「Eメール関連情報」ボタンから変更をお願いします。当行からのEメール通知にお心当たりがない場合は、テレホンセンターまでご連絡ください。

■ご利用限度額の設定
振込、振替のご利用限度額は、1日あたりそれぞれ0〜500万円の範囲で変更いただけます。
※インターネットバンキングでワンタイムパスワードをご利用でない場合の振込限度額は200万円です。

■サービス緊急停止
「パスワードを盗まれてしまった!」「会員証を紛失した!」など、緊急にインターネットバンキングを停止しなければならない場合に、お客さまご自身の操作でいつでもサービスを緊急停止いただけます。
※インターネットバンキングもしくはモバイルバンキングより設定を行うと、インターネットバンキング及びモバイルバンキングからのサービスが利用できないようになります。
※解除する場合は必ず書面でのお申し出が必要となります。

テレホンバンキング

■本人確認
会員番号、テレホンバンキング用暗証番号、セキュリティ番号により、ご本人であることを確認しています。

■セキュリティ番号
振込、振替、定期預金などのお取引は、会員証に記載されたセキュリティ番号(乱数表)のうち都度指定する番号を押していただく必要があるため、会員証を所持しているお客さまのみがお取引いただけます。

ダイレクトバンキングを安心してお使いいただくためのご注意とお願い

■会員番号、セキュリティ番号、暗証番号、パスワードはお取引きいただくうえで非常に大切な情報となりますので、他人に盗まれたり、見られないよう厳重な管理をおこなってください。

■暗証番号やパスワードはご自身でいつでも変更できますので、定期的に変更されることをお勧めします。

■暗証番号やパスワードについて、生年月日や氏名、電話番号等、他人に類推されやすい内容は避けてください。

■不特定多数の方が利用する機器でのご利用は避けてください。

■会員証を他人に貸与、譲渡及び質入れすることはできません。

■セキュリティ確保のため、セキュリティ番号、暗証番号やパスワードを一定回数連続して誤入力された場合は自動的にサービスを停止し、ダイレクトバンキングがご利用いただけなくなります。再開には書面でのお手続きが必要となりますのでテレホンセンターまでご連絡ください。

インターネットバンキングの不正利用にご注意ください  PCサイトへ


このページの先頭へ