メニュー

トップメッセージ

取締役頭取CEO 鵜川 淳

皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

平素より池田泉州ホールディングスグループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

昨今、大きな問題となっております、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、日本国内のみならず世界規模で生産と消費の停滞が問題となっております。私どもの営業エリアである大阪府・兵庫県を対象とした緊急事態宣言は5月に解除されましたが、人々の生活や企業活動は依然として制限された状態が続いており、経済・社会活動に多大な影響を与えております。このような時こそ、私どもは、我々の使命である地元のお取引先企業への資金繰り支援、決済機能の維持に向けて役職員一同全力で取り組み、皆さまとともにこの苦境の時期を乗り越えたいと考えております。

さて、池田泉州ホールディングスの2019年度業績と経営戦略でございますが、弊社では2018年度〜2020年度までの3年間を第4次中期経営計画の体質強化期間と位置付け、「第1の矢」有価証券の含み損の処理(2018年度完了)、「第2の矢」店舗体制の見直し・経費の抜本的な削減(2019年度完了)を進めてまいりました。この改革は着実に進んでおり、本業利益は2018年度より黒字に転化、2019年度も計画を大きく上回る形で着地することができました。

先に述べました新型コロナウイルス感染症の拡大に起因する、株式相場の乱高下や信用コスト増加などの利益引き下げ要因もありましたが、有価証券運用を最小限に抑制していたこともあり、2019年度の当期純利益は計画比▲1億円の39億円、ほぼ計画どおりの着地となりました。

本年5月、私どもは、新たな経営ビジョンとして、「第3の矢」『Vision’25』を打ち出しております。これは2025大阪・関西万博に向けた私どもの大きな方向性を示したもので、店舗・チャネル体制のさらなる変革や経営資源の適正配分、戦略的な人材強化策から着手し、生産性の革新を図ります。

私どもは、地域の皆さまとともに足元のコロナ禍の困難な状況を乗り越え、このビジョンの実現に向けて役職員一同全力で取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年6月
取締役頭取CEO
鵜川 淳

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる