メニュー

お客さま本位の業務運営基本方針

1.お客さまの最善の利益の追求(「原則2」「(注)」

池田泉州銀行は、経営理念(※1)のもと、ライフプランの実現のために資産を守り、育てることが「お客さまの最善の利益」であると考え、お客さまが主体的かつ合理的に金融商品・サービスをお選びいただくため、ライフスタイルの変化やそれに沿ったニーズの共有に努め、お客さまと同じ目線を持つ「お客さま起点」のソリューション営業に取組んでまいります。またその活動が、自らの顧客基盤と収益の確保につながるものと考え、お客さまに対して誠実・公正に業務をおこなうことを旨とし、地元に根差した地域金融機関を目指してまいります。

(※1)当行の経営理念:
「幅広いご縁」と「進取の精神」を大切に、お客様のニーズに合ったサービスを提供し、地域の皆様に「愛される」銀行を目指します。

2.利益相反の適切な管理(「原則3」「(注)」

当行では、お客さまとの間に利益相反が生じていないかの確認をおこない、そのおそれがあると判断した場合には、解消・防止に努めます。また、法令に限らず、お客さまに対して適切でない勧誘がおこなわれないよう、高い倫理観に基づいて業務に取組みます。

3.手数料等の明確化(「原則4」

当行では、お客さまへのアフターフォローを含むコンサルティングサービスのご提供や、お取引に係る各種事務の対価として、手数料を直接的・間接的に頂戴しております。お客さまにご負担いただく手数料等の各種費用については、お客さまに十分ご理解いただけるよう丁寧にご説明するとともに、わかり易い資料をご提供いたします。

4.重要な情報のわかり易いご提供(「原則5」「(注1)〜(注5)」

当行では、お客さまに金融商品・サービスをご提案する際は、お客さまの投資経験や金融知識を考慮の上、投資判断に当たって必要な情報をご提供いたします。また、金融商品の複雑さやリスクの度合いを総合的に勘案し、お客さまにご説明すべき「重要な情報」を具体的に定め、わかり易く丁寧にご提案いたします。

5.お客さまにふさわしいサービスのご提供(「原則6」「(注1)〜(注5)」

当行では、ライフプランに応じた「お客さま起点」での資産運用コンサルティングの実践を目指し、お客さまのさまざまなニーズに的確におこたえできるよう、金融商品・サービスを幅広くラインアップいたします。その上で、お客さま毎のライフプラン、資産状況、投資経験等を踏まえたお客さまにふさわしいご提案をおこないます。また、お客さまの生活スタイルに合わせた便利で安心できるサービスをご提供するため、インターネットやスマートフォン等のチャネルも拡充してまいります。

6.役職員に対する適切な動機づけの枠組み等(「原則7」「(注)」

当行では、「お客さま起点」の浸透をはかるとともに、お客さまの多様かつ高度化する資産運用ニーズに対し、専門性のある高度なコンサルティング力と倫理観を兼ね備えた人材を育成してまいります。
また、行内の評価制度等体制整備に努めます。

  • 金融庁より2021年1月に公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」(「原則」)および、これらに付された「(注)」との対応関係を項目毎にお示ししております。

池田泉州銀行の具体的な取組・取組状況・指標(KPI)はこちら

池田泉州ホールディングスの「お客さま本位の業務運営基本方針」はこちら

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる