池田泉州銀行のお役立ちコラム

  • 結婚
  • 出産/子育て/子供の進学
  • マイカー/趣味/自己啓発
  • マイホーム
  • 退職/セカンドライフ
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
多目的ローン

初心者にオススメ!
かわいくて飼いやすいペットとは?

2019.7.5

かわいいペットが家にいると、
癒し効果が得られてストレス解消になったり、生活にリズムが生まれたり、
心の支えになってくれたりと、いろいろな効果があるとされています。
ここでは、初めてペットを飼うと人におすすめの飼いやすいペットや
ペットにかかる費用などについてご紹介します。
ペットを飼うのは楽しみでワクワクする一方で、
ちゃんと飼えるだろうかという不安もあるのではないでしょうか。
そんな方はぜひ参考になさってみてください。

(1) 飼ってる! 飼いたい! 人気のペットランキング

現在飼っているペットの種類 今後飼いたいペットの種類 現在飼っているペットの種類 今後飼いたいペットの種類

上記はインターワイヤード株式会社が3,640人にアンケート調査した結果です。これを見ると、“現在飼っているペット”も“これから飼いたいペット”も犬・猫がトップ2を占めており、やはり犬と猫はペットの王道といえそうです。

また、同調査によると、飼っている犬・猫の種類の上位は、犬は1位が雑種、2位がミニチュア・ダックスフンド、3位がトイプードル。猫は1位が雑種、2位が日本猫、3位がアメリカンショートヘアとなっています。

さて、皆さんが飼いたいペットはランクインしていたでしょうか?

初心者が飼いやすいペットとは?

初めてペットを飼うという人でも比較的飼いやすいとされる、おすすめのペットをご紹介しましょう。

ハムスター

飼いやすいペットとして人気が高いのが、小さくて仕草も愛らしいハムスターです。
1日一回エサと水をあげればOKですし、基本的にケージの中で飼うので、お掃除も簡単です。ペットNGの賃貸住宅でもハムスターならOKというケースもあるようです。また、身体が小さいため、エサ代や用具代などの費用があまりかからないのも初心者にはプラスポイントといえるでしょう。
ただし、寿命が2〜3年と短いことや、病気になった時に診てくれる病院が少ないことはマイナスポイントといえるかもしれません。

ウサギ

ウサギカフェが登場するなど、近年ますます人気が高まっているのがウサギです。
ウサギが飼いやすい理由は、鳴き声が小さく、きちんとお世話していれば臭いがほとんどないため、家族や近所などの目をあまり気にせずに飼えること。室内の運動だけで十分で、散歩に連れていく必要もないので、忙しい方でも比較的飼いやすいといえるでしょう。
マイナスポイントはとても神経質なこと。環境の変化などに敏感で、ストレスで病気になってしまうことも。また、一度体調を崩してしまうと、なかなか治りづらいという面もあります。

犬・猫

犬と猫がおすすめの理由は、飼っている人が多いので、さまざまな情報を入手しやすいこと。わからないことや困ったことがあれば、飼っている友人知人にアドバイスを求めることができますし、インターネットや専門誌などで調べれば、大抵のことは解決できます。また、診てくれる動物病院がたくさんあるのも心強いです。
マイナスポイントとしては、賃貸住宅では飼えないケースが多いことや、飼いはじめにきちんとしつけをしなければならないことなどが挙げられます。

このほか、インコ、オウム、文鳥などの鳥類、金魚、カメなども比較的飼いやすいペットといえます。

ペットを飼うには、いくらくらいかかるの?

ペットを飼うと、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
最も飼っている人の多い小型犬を例にとって、必要な費用を紹介します。

まず飼いはじめにかかる費用です。犬を飼う際は、飼い犬がいることをお住まいの市区町村に申し出て、畜犬登録しなければなりません。費用は自治体によって異なりますが、おおむね3,000円前後です。さらに狂犬病の予防注射、健康診断、ワクチン接種などの医療費が必要で、25,000円〜35,000円くらいかかります。そのほか、首輪、リード、ケージ、食器、トイレ、爪切りなどの生活用品を購入すると、30,000円〜50,000円がかかります。
トータルすると、犬の購入費用とは別に、初期費用として60,000円くらいは用意しておく必要があるでしょう。

次にペットを飼っている以上、毎年必要になる費用です。食費やおやつ代が毎月2,000円〜5,000円、ペットシーツなどの消耗品が年間20,000円〜50,000円、ストレス解消のためのおもちゃが年間10,000円〜30,000円、定期的に行う予防接種の費用が年間30,000円〜60,000円などが必要になります。それらを考えると、毎年10万円〜15万円は必要になってきます。
もちろんペットフードにこだわったり、おしゃれなトリミングなどを行えば、より費用はかかりますし、もし病気になってしまったら、治療代や薬代もかかってきます。
小型犬を飼っている人が1年間にペットにかける費用は、平均40万円以上という数字もあるようです。

ペットは命ある大切な家族です。ペットを飼う際は、こうした費用面も含め、きちんとお世話することができるかをよく考えた上で、決断することをおすすめします。

このページの先頭へ
資料請求 お問合わせ
個人のお客さまへ 法人のお客さまへ
池田泉州銀行について 採用情報
インターネット/ダイレクト支店

倫理綱領お客さま本位の業務運営基本方針個人情報保護方針利益相反管理方針反社会的勢力への対応方針
顧客保護等管理方針預金保険制度金融商品販売に関する勧誘方針電子決済等代行業者との連携について本サイトご利用にあたって

Copyright (C) The Senshu Ikeda Bank, Ltd., All Rights Reserved.