池田泉州銀行のお役立ちコラム

  • 結婚
  • 出産/子育て/子供の進学
  • マイカー/趣味/自己啓発
  • マイホーム
  • 退職/セカンドライフ
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
住宅ローン

マイホームは買うべき?
持家と賃貸の比較

2019.5.30

住まいは買ったほうがいいのか、借りたほうがいいのか。
このテーマは長年にわたっていろいろなところで議論されてきました。
それでも明快な答えは出ていないわけですから、
どちらが良いとは一概にはいえないということ。
これは、みなさんお一人おひとりのライフスタイルや
ライフプランによって、決断するものなのでしょう。
ここでは、賃貸住宅とマイホームそれぞれのメリットとデメリットを挙げてみました。
マイホームを買うかどうかの検討をされる際の参考になれば幸いです。

(1) 賃貸住宅のメリット&デメリット

賃貸住宅の一番のメリットは、気軽に住み替えができることでしょう。たとえば、子どもが大きくなったので広い住まいに、転職したので勤務先の近いところに、収入が増えたのでグレードの高い住まいに、といった具合に、その時々のライフスタイルに適した住まいに引っ越すことができます。

また、エアコンや照明などといった付帯設備が既に備えつけられている物件では、それらの付帯設備は自分のものではないので、壊れてしまった場合は大家さんの負担で修理や交換を行ってくれます。しかし、その一方で、自分のお気に入りの設備を自由に取り付けることはできませんし、自分が使いやすいようにリフォームすることもできません。大家さんの許可を得られれば、リフォーム等が可能なこともありますが、退去時に自己負担で原状回復することが条件になるケースがほとんどです。

賃貸住宅の一番のデメリットは、生涯にわたって家賃を払い続けなければならないことでしょう。老後も十分な収入や蓄えがあるならば、それは問題になりませんし、高齢者が住みやすい有料老人ホームや高齢者住宅などに住み替えるという選択もできるでしょう。しかし、年金暮らしの場合、月々の家賃負担は重く感じられますし、家賃の安いところに住み替えようとしても、年金のみの収入では借りられる住まいが限られてしまうことが多いようです。

(2) マイホームのメリット&デメリット

マイホームの一番のメリットは、やはり住まいが自分のものになるということでしょう。もし新築の戸建住宅を建てるのであれば、自分好みの住まいを一からつくることができますし、建売や中古の住まいであっても、自分たちが使いやすいようにリフォームやリノベーションを行うことができます。
また、マイホームは資産になるため、売却したり、他人に貸して収入を得ることもできますし、お子さまに相続することもできます。

マイホームは生涯最大の買い物といわれるように、多額の費用が必要になるのはデメリットかもしれません。しかし、住宅ローンを完済してしまえば、あとは固定資産税や設備等の維持費がかかるだけですので、老後にかかる負担が軽くて済むのは大きなメリットといえるでしょう。

そのほか、デメリットとしては、気軽に引っ越しできないことが挙げられます。場合によっては通勤・通学に時間がかかったり、周辺環境の変化に少々不満があっても、そこに住み続けなくてはならないかもしれません。
また、マイホームを売却して住み替えようと考えても、思ったような金額で売れないケースも多いようです。

(3) 大切なのは損得ではなく、目的やライフスタイル

これまで紹介してきたように、賃貸住宅もマイホームもそれぞれ一長一短があるため、どちらが良いとは一概にはいえないことはおわかりいただけたでしょう。

住居費にかかる金額も、マイホームならどれくらいの広さの住まいをどこに購入するか、また、マンションなのか一戸建てなのか、賃貸住宅ならどれくらいの家賃の部屋に住むかによって大きく変わってくるため、単純に比較することはできません。
例えば、家賃月10万円の賃貸住宅に50年間住み続けた場合、更新費用(2年ごとに家賃ひと月分)を含めると、合計金額は6,250万円になります。50年間にわたって、同じところに住み続けたり、家賃が変わらないという状況は現実的ではありませんが、マイホームの購入金額と比較する際のひとつの目安にはなるのではないでしょうか。
もしも賃貸住宅にかかる費用総額とマイホームの購入にかかる費用総額が同じくらいならば、自宅が資産として残るマイホームのほうがお得といえるかもしれません。

とはいえ、マイホームなのか、賃貸住宅なのかは損得で決めるものではなく、どのように暮らしていきたいのか、将来どうしたいのかなどで決めるものだと思います。それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら、ご家族でよく話し合うことをおすすめします。

このページの先頭へ
資料請求 お問合わせ
個人のお客さまへ 法人のお客さまへ
池田泉州銀行について 採用情報
インターネット/ダイレクト支店

倫理綱領お客さま本位の業務運営基本方針個人情報保護方針利益相反管理方針反社会的勢力への対応方針
顧客保護等管理方針預金保険制度金融商品販売に関する勧誘方針電子決済等代行業者との連携について本サイトご利用にあたって

Copyright (C) The Senshu Ikeda Bank, Ltd., All Rights Reserved.