メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

銀行系マイカーローン(自動車ローン)と
ディーラーローンの違いは?

新しいクルマを購入するのはワクワクするもの。
メーカー、性能、デザイン、価格などいろいろな面から検討を重ねて「これだ!」という1台を決める方も多いのではないでしょうか。
では、クルマを購入するとき、自動車ローンの検討はされていますか?
ここでは代表的な自動車ローンである銀行系マイカーローンとディーラーローンの違いについてご紹介します。
これから新しいクルマを購入する予定がある方、そろそろクルマを買い替えたいと思っている方は参考になさってください。

(1)マイカーローン(自動車ローン)にはいろいろな種類があるのをご存知ですか?

自動車ローンでクルマを購入した経験のある方は、どんなローンを利用されたでしょうか? もしかすると、販売店の店員さんに勧められるまま、ディーラーローンを組んだという方も多いのではないでしょうか。
実は自動車ローンにはいくつかの種類があります。検討しないままにローンを選んでしまうと、知らず知らずのうちに損をしていることもあるので注意が必要です。

銀行系マイカーローンとは?特徴を紹介

自動車ローンのうち、銀行や信用金庫などの金融機関が提供するローン商品が「銀行系マイカーローン」です。
銀行系マイカーローンを利用した場合のお金の流れは、銀行等からクルマの購入者に必要な金額が振込まれ、そのお金を購入者がディーラー(自動車販売店)に支払うことになります。

ディーラーローンとは?特徴を紹介

自動車メーカー系列のディーラー(販売店)や提携の信販会社などが提供するローン商品が「ディーラーローン」です。
ディーラーローンには、クルマの代金を全額借りる「フルローン」と、ローン返済期間が終わる3〜5年後のクルマの下取り価格を差し引き、その残額だけを分割返済する「残価設定ローン」があります。フルローンはローン完済時にクルマが購入者のものになるのに対し、残価設定ローンの場合はローン完済時、“ディーラーにクルマを返却する”、“残価を一括で支払い・クルマを買い取る”、“残価をローンで支払い・クルマを買い取る”という選択肢があります。

マイカーローンもディーラーローンも提供する金融機関や販売店によって金利や利用条件はさまざまです。自動車ローンを申込むときは、事前にご自身が利用可能な自動車ローンをピックアップし、比較検討されることをおすすめします。

(2)マイカーローン(自動車ローン)それぞれの特徴をよく知って、賢く選ぼう。

銀行系マイカーローンとディーラーローンそれぞれの主な特徴について紹介しましょう。

銀行系マイカーローンとディーラーローンの違い〜金利〜

自動車ローンでいちばん気になるポイントはなんといっても金利でしょう。クルマは高価な買い物なので、わずか1%の金利の違いでもトータルの返済額が大きく変わってきます。
金利は自動車ローンそれぞれで異なりますが、銀行系マイカーローンは年利1%台後半〜年利4%、ディーラーローンのフルローンは年利3%〜年利6%、残価設定ローンは年利2%〜年利5%くらいが相場になっており、総じて銀行系マイカーローンが低い傾向にあります。
なお、中古車を購入する際もローンを利用できますが、銀行系マイカーローンは新車も中古車も同じ金利が適用される一方、ディーラーローンは新車も中古車も同じ、もしくは新車よりも中古車のほうが金利が高いケースが多いようです。

銀行系マイカーローンとディーラーローンの違い〜ローンの支払方法〜

ローンは、返済期間が長くなればなるほど、利息の支払い負担が大きくなります。そこで、資金に余裕のあるときに、月々の返済額とは別に「繰上返済」で臨時の返済を行って、返済期間を短くしたり、返済総額を軽減したりしたいと考える方も多いようです。
一般的に銀行系マイカーローンは繰上返済などの支払方法に柔軟に対応できるのに対し、ディーラーローンは繰上返済ができなかったり、回数に上限があったり、可能な場合も手数料が必要なことがあります。
繰上返済を視野に入れてローンを組もうとお考えの方は、事前のチェックが必要です。

銀行系マイカーローンとディーラーローンの違い〜クルマの所有者〜

銀行系マイカーローンの場合、購入者が銀行等からお金を借りて、そのお金でディーラーからクルマを購入するわけですから、代金を支払った時点からクルマの所有者は購入者本人です。そのため、すぐにクルマを売却したり、買い替えたりすることも自由に行うことができます。
一方、ディーラーローンは、ローンを完済するまではディーラーもしくは信販会社に所有権があります。これはクルマが借入金の担保となっている状態で、「所有権留保」と呼ばれます。そのため、返済途中に売却や買い替えを行う場合は、面倒な手続きが必要になることがあります。

銀行系マイカーローンとディーラーローンの違い〜手続きの利便性〜

ディーラーローンの場合、クルマを注文してローンを組むまでの一連の手続きをすべて販売店にてワンストップで行うことができます。一方、銀行系マイカーローンの場合、販売店でクルマを注文したあと、本人確認、収入確認、見積書などの書類を揃えて、あらためて営業日に銀行等へ出向かなくてはなりません。
また、ローンを組めるかどうかの可否や金利を決める審査についても、ディーラーローンは即日回答が出てその場で各種手続きができるのに対し、銀行系マイカーローンは審査に日数がかかる上、審査自体も厳格な傾向が見受けられます。

(3)マイカーローン(自動車ローン)、どこで選んだらいいの?

自動車ローンを選ぶ際にチェックしておきたいポイントについて紹介します。

上限金利と保証料

一般的に自動車ローンの金利は年利〇%〜年利〇%のように幅を持たせて記載されていることがほとんどです。これは審査結果に応じて金利が変わるということ。ですから、金利を比較する場合は、高いほうの金利(上限金利)で比較することが大切です。
また、ローンによっては金利のほかに手数料や保証料が発生する場合があり、それが表示の金利に含まれているのか、金利とは別にかかってくるのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

固定金利と変動金利

ローンによっては、完済まで金利が変わらない固定金利と、景気動向などで金利が上下する変動金利を選ぶことができます。どちらが良いかは一概にいえませんが、一般的に返済期間が短期(3〜5年)なら変動金利、長期(10年以上)なら固定金利が選ばれる傾向があるようです。

金利引下げ・キャンペーン

銀行系マイカーローンの場合、その銀行に口座を持っていて給与振込や公共料金の引落しに利用していたり、同銀行の他のサービスを利用していたりすると、金利が下がることがあります。また、ディーラーローンの場合、期間限定で金利を下げるキャンペーンを行っていることがあります。
こうした低金利のチャンスを利用しない手はありません。事前にホームページ等でお得な制度やキャンペーンがないかチェックしておきましょう。

(4)銀行系マイカーローンとディーラーローンの返済総額の相場の違い

金利の異なる銀行系マイカーローンとディーラーローンでは返済総額はどれくらい変わってくるでしょうか。銀行系マイカーローンの上限金利の相場(年利4%)と、ディーラーローンの上限金利の相場(年利6%)でシミュレーションしてみました。
なお、最初は手続きが簡単で迅速なディーラーローンを組み、途中から銀行系マイカーローンに借換える場合のシミュレーションにもなりますので、参考になさってください。

返済総額シミュレーション
(借入期間:5年/ボーナス返済なし)

借入金額
(借入残高)
50万円 100 万円 150万円 200万円 300万円
銀行系
マイカーローン
(金利:年利4%)
552,495円 1,104,990円 1,657,485円 2,209,980円 3,314,970円
ディーラーローン
(金利:年利6%)
579,980円 1,159,965円 1,739,950円 2,319,935円 3,479,900円
差額 27,485円 54,975円 82,465円 109,955円 164,930円

(5)マイカーローン(自動車ローン)を利用する時に注意すべき5つの点

自動車ローンを組む際、注意しておきたいポイントをまとめました。

金利の契約方式について

ローンの返済は、毎月元金と利息を支払っていくわけですが、利息の支払方法には「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。
元利均等返済は、毎月の返済額が一定で変わらないため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。
一方の元金均等返済は、元金の返済額は毎月一定ですが、利息分についてはローン残高に応じて変動します。そのため、初めのうちは月々の返済額が多くなりますが、返済が進むにつれて月々の返済額が少なくなります。
返済総額で見ると、元利均等返済よりも元金均等返済のほうが少なくなります。

頭金ゼロでも諸経費がかかることも

まとまった頭金が用意できなくても、クルマを購入できるのがローンの便利な点です。とはいえ、クルマの購入時には車両代金のみならず、税金や保険などの法定費用や、登録費用、車庫証明費用、納車費用などの諸費用がかかります。
銀行系マイカーローンであれば、基本的にこうした初期費用もローンに組み込むことができますが、ディーラーローンの場合、ローンに組み込むことのできる範囲が限られていることがありますので注意が必要です。

借入条件を満たしているか

自動車ローンを利用するには、審査基準をクリアしなければなりません。たとえば、借入時の年齢、完済時の年齢、年収、返済負担率(年収と借入金額のバランス)、他のローンの利用状況、職業、勤続年数などが審査され、ローンが組めるかどうか、組めるとしたら、借入金額の上限はどれくらいか、金利はどれくらいかが決まります。
もしも審査に通るかどうか不安な場合は、銀行等の金融機関で仮審査の申込みを行っているケースがあるので試してみてはいかがでしょうか。ただし、仮審査に通ったからといって、本審査に必ず通るとも限りません。ひとつの目安として考えましょう。

無理のない返済計画になっているか

自動車ローンは複数年にわたって返済し続けるものなので、毎月の返済が家計の大きな負担になってしまっては大変です。月々の返済額は無理なく支払える金額に設定することが重要です。そのためにも、まずは家計の収支をしっかり把握し、さらにお子さまの教育費などご家族のライフプランに関わる費用も考慮した上で、返済プランを立てましょう。
なお、返済プランを考える際には、銀行等のWEBサイトにある返済シミュレーションを利用すると便利です。

複数の見積もりを取ってみよう

自動車ローンを選ぶ際は、できるだけ金利の低いローンを利用したいものです。そのため、複数の金融機関で見積もりを取ることをおすすめします。
欲しいクルマが決まっているのであれば、まずはそのクルマの販売店でディーラーローンの見積もりをお願いし、それを基準に銀行等の金融機関の見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。前述したように、口座を持っていたり、他のサービスを受けている金融機関であれば金利が引下げられたりする場合がありますし、インターネット経由での申込みで低い金利が適用になるケースもあります。

(6)まとめ

  • 自動車ローンを大別すると、銀行等の金融機関が提供する「銀行系マイカーローン」と、自動車販売店や提携の信販会社が提携する「ディーラーローン」がある。
  • 金利の低さで選ぶなら銀行系マイカーローン、手続きの簡便さで選ぶならディーラーローンがおすすめ。
  • クルマは高価な買い物なので、金利のわずかな差でも返済総額や月々の返済額に関わってくるので要チェック。
  • 銀行等のWEBサイトにある「返済シミュレーション」を利用して、無理のない返済プランを立てることが大切。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

教育ローンとは?
選ぶ際のポイントや申請方法を紹介
マイカーローンの審査に
通りやすくなるポイントを解説
銀行系マイカーローン(自動車ローン)と
ディーラーローンの違いは?
教育ローンと奨学金の違いと選び方を徹底解説

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる