メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

カードローンとフリーローンの6つの違い|
それぞれに適したケースもわかりやすく解説

ローンを利用したいけれど、カードローンとフリーローンのどちらを選べばよいかわからないと、悩んでいる人はいませんか?ここでは、カードローンとフリーローンのそれぞれの特徴や違いについて解説します。それぞれのローンに適した利用シーンについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

(1)カードローンとは

カードローンには、ローン専用のカードを作るタイプと、銀行で発行されるキャッシュカードにローン機能を付与できるタイプがあります。

一般的にマイカーローンなどの目的別ローンは、決められた使いみち以外には利用できませんが、カードローンは使いみちに制限がなく、原則としてどのような用途にも利用できます。

ただし、あくまでも個人向けローンであるため、事業用の借入れはできないという条件が設定されているケースが多いです。申込時には審査があり、契約時に借入限度額(利用可能枠)が設定されます。借入限度額内であれば、何回でも借入れができます。

(2)フリーローンとは

フリーローンは「証書貸付」と呼ばれるタイプのローンです。使いみちは自由(フリー)で、様々な用途に利用できますが、カードローンと同様、事業用資金や投資用資金などの借入れはできません。申込時には審査があり、商品によっては申込時に使いみちを証明する書類の提出を求められるケースがあります。

フリーローンの借入れは、1契約で1回のみです。カードローンのように借入限度額の範囲内で何度も借入することはできません。契約時に決めた金額を一括で借入れ、借入後は返済のみとなります。

(3)カードローンとフリーローン 主な6つの違い

フリーローンとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、6つの違いを解説します。

1.サービスを取扱う会社

カードローン

カードローンを取扱う会社は様々です。銀行だけでなく、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融業者などで取扱われています。様々な会社で取扱いがあるので、自分に合った商品を探すことができるでしょう。

フリーローン

主に銀行で取扱っていることが多いです。大手銀行から地方銀行、信用金庫などで取扱いがあるので、まずは普段利用している銀行で取扱っているか確認してみるとよいかもしれません。また、一部信販会社やクレジットカード会社などでも取扱われています。

2.追加融資が可能かどうか

フリーローンとカードローンのもっとも大きな違いは、追加融資が可能かどうかです。

カードローン

カードローンは契約時に借入限度額を設定します。設定された借入限度額内であれば何度でも借入れができるため、急な出費や、急ぎでまとまったお金が必要という場合でも、すぐに借入れすることができ便利です。

フリーローン

フリーローンは必要な金額を最初に一括で借入れする形式で、追加融資はできません。1契約につき借入れは一度だけです。追加で借入れしたい場合は、再度申込み、審査を経て契約手続きが必要です。

3.金利

適用される金利は、利用する金融機関やローンの種類だけでなく、借入額などによっても異なります。商品によっては最低金利と最高金利が設定されていますが、必ずしも最低金利で利用できるわけではないので注意しましょう。

一般的に、金利はカードローンよりフリーローンのほうが低めに設定される傾向があります。「金利が低い=金利の支払い負担が少ない」ため、総返済額を抑えたい場合は、フリーローンのほうが適しているかもしれません。ただし、必ずしもフリーローンのほうが金利が低いというわけではありません。申込む際は必ず事前に確認しましょう。

4.各種手数料

カードローンの場合、契約時の手数料は基本的にかからない場合が多いですが、利用時に提携ATMの利用手数料がかかるケースがあります。フリーローンの場合は、契約時の事務手数料、繰上返済時の手数料などが必要なケースがあります。金融機関によって各手数料は異なるため、くわしくはWEBサイトなどで確認してみましょう。

5.2回目以降の借入速度、利便性

カードローン

前述したように、カードローンは借入限度額内であれば、何回でもすぐに借入れができます。たとえば、借入限度額が30万円という条件で初回に5万円借入れたとしましょう。借入限度額は25万円残っているため、2回目に10万円、3回目に15万円というように何回でも借入れが可能です。

このように一度契約すれば、2回目以降の借入れでは申込みや契約手続きが不要で、好きなタイミングで借入れできる点はカードローンならではの魅力です。急にお金が必要になった場合でも、すぐに対応できるので便利です。

フリーローン

フリーローンは借入れの都度、申込み、審査、契約の手続きが必要です。一度契約したからといって、2回目の審査が必要ない、審査にかかる時間が短縮されるということはなく、初回と同じような審査が行われる点が特徴です。

そのため、急にまとまったお金が必要な場合は利用しにくいかもしれません。急な出費に対応するというよりは、あらかじめ予定が決まっている大きな出費が必要な場合に利用するのがおすすめです。

6.借入金の管理(返済スケジュール管理)のしやすさ

ローンを利用する際には金利や借入額なども重要ですが、借入後の管理も大切です。

カードローン

カードローンは、必要な時にすぐに借入れできますが、返済管理が難しくなる可能性があります。

カードローンは、借入限度額内であれば何度でも繰り返し借入れできるので、現在の借入額や利用可能額などの把握が難しくなる場合もあります。

また、返済額は利用残高に応じて変動するケースも多いです。利用にあたっては、毎月の借入額と月々の返済額をしっかりと把握し、計画的に利用することが大切です。

フリーローン

フリーローンは、1回の契約で借入れできるのは一度限りです。また、契約の際に借入金額、返済期間なども決められているので、返済管理はしやすいでしょう。

(4)カードローンとフリーローン それぞれのメリット・デメリット

ここまでの説明を踏まえて、双方のメリットとデメリットを簡潔に解説します。

カードローン

メリット

カードローンは、契約時に借入限度額が設定されます。借入限度額内であれば、審査なしで何度でもすぐに借入れできる点は大きなメリットです。そのため、急にまとまったお金が必要な場合も対応しやすいでしょう。

デメリット

カードローンは借入限度額内であれば繰り返し借入れできることから、借り過ぎてしまうリスクがあります。また借入額によって返済額が変動する場合はこまめな返済管理が必要です。返済が長期化しがちな点もデメリットと言えるでしょう。

フリーローン

メリット

カードローンと比べると金利が低く設定されている傾向があるため、比較的金利が低いものを選べば総返済額を抑えることもできる点が、メリットです。また毎月決まった金額を返済するので、返済管理はしやすい点もメリットと言えるでしょう。1回の契約で1度しか借入れできないため、余計な借入れを防ぐこともできます。

デメリット

フリーローンは、追加で借入れしたい場合には再度契約手続きが必要なため、カードローンより利便性は劣るでしょう。借入れをするたびに審査が必要で、2回目以降の審査でも審査に通りやすくなるわけではありません。カードローンと比べて審査に時間がかかる傾向があり、急にまとまったお金が必要な場合には不向きです。

フリーローンを利用する場合には、事前に借入れまでのスケジュール確認をしておくことが大切です。

(5)カードローンとフリーローン それぞれに適したシーンやケースとは

ここでは、カードローンとフリーローンそれぞれに適した利用シーンを解説します。どちらを利用すべきか悩んだ場合には参考にしてください。

カードローンがおすすめ

カードローンは、借入限度額内であれば何度でも借入れできます。そのため、必要なタイミングで何度も借入れをしたい人に向いています。また、給料日前の急な出費に備えたい、急ぎでまとまったお金が必要というケースはカードローンがおすすめです。

一度契約しておけばすぐに借入れできるので、突発的なケガや病気、予定外のお祝い事など不測の事態にも対応しやすくなっています。万が一の時の備えとして準備しておきたい人にもカードローンはおすすめです。

フリーローンがおすすめ

フリーローンも使いみちは自由ですが、カードローンより低金利の商品が多いので、あらかじめ予定が決まっている旅行費用や冠婚葬祭費用、また他社ローンの借換えなどにおすすめです。

またフリーローンは、1回の契約で一度の借入れしかできないため、「ついついお金を借り過ぎてしまうかも」といった不安がある人にも向いています。

(6)まとめ

カードローンとフリーローンには、様々な違いがあります。複数回借入れしたい、すぐにお金が必要という場合にはカードローン、金利を抑えたい、借り過ぎる心配がある場合はフリーローンというように、用途や目的に応じて使い分けましょう。

池田泉州銀行には、様々なカードローンがあるので、自分に合った商品を選ぶことができます。
また、池田泉州銀行のフリーローンは固定金利のため、毎月の返済額が一定で返済計画が立てやすく安心です。カードローン(一部商品除く)もフリーローンも、申込みから契約までの手続きがWEB上で完結します。まずは簡単にできる仮審査をお申込みください。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

車の維持費ってどれくらい?
車種別に平均費用や節約方法を紹介
《資産運用の虎の巻》
初心者におすすめの運用方法4つと、
始め方やリスクについて
【20〜30代向け】社会人の平均貯金額はいくら?
賢く貯蓄を増やす方法を解説!
お金の貯め方のコツって?
無理なく効率的に貯蓄を増やすおすすめの方法6選!

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる