メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

ローンの一括返済のメリット・デメリットは?
【カードローン・住宅ローン等種類別】

ローンの一括返済には、どのようなメリットがあるのでしょうか。現在ローンがあり一括返済をするか迷っている人もいるでしょう。カードローン、住宅ローン、マイカーローン等種類別に、一括返済するメリットとデメリットについてご紹介します。また、一括返済で損をしないためのローンの選び方も解説しますので、一括返済を視野に入れてこれからローンを組むことを検討している人も、ぜひチェックしてください。

(1)ローンの一括返済とは?

ローンの一括返済は、借入残高を一括で全額返済する方法で、借入れに伴う支払利息を減らすことができます。
借入金額が大きく、返済期間が長い場合には利息負担が大きくなるため、ローンの返済途中に一括返済をすることで、総返済額を減らすことができるのです。

一部繰上返済との違い

一部繰上返済は、月々の返済以外に一部を返済することで元金を減らし、ローンの返済期間を短縮したり、毎月の返済額を減らすなど利息負担の軽減を図ることができます。
全額を返済する一括返済と異なり、一部を返済したとしてもローンがなくなるわけではありません。

(2)【種類別】ローンの一括返済のメリットは?

ローンを一括返済すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
様々なローンがありますが、一括返済によるメリットは利息が減り、総返済額を減らせることが挙げられるでしょう。借入金額が大きければ大きいほど利息負担は大きくなるので、金利にもよりますが、大きなメリットを感じられるでしょう。
ローンは返済している間、利息を払い続けることになるため、住宅ローンのように借りる期間が長ければ長いほど返済額は大きくなります。一括返済をし、予定よりも早く返済することができれば、支払う予定であった総返済額を減らすことができます。

またローンの借入れは信用情報機関に記録されています。この記録はクレジットカードの申込みや、カードローンはもちろん、マイカーローンや住宅ローンといったほかのローンの審査でも使われます。ローンをきちんと完済したという記録が残ることも、メリットとなるでしょう。特に、一括返済の実績により信用が高まりますので、今後の審査に有利に働く場合もあります。

【カードローン】一括返済のメリット

カードローンを一括返済した場合のメリットには、利息負担を減らせることに加えて、借入枠に余裕が生まれることがあります。カードローンは必要な時に繰り返し利用できる点で便利な商品ですが、借入れできる金額は、あくまでも契約額の範囲内になります。カードローンのメリットを活用するためにも、借入枠に余裕を持たせておくことも大切です。

【住宅ローン】一括返済のメリット

住宅ローンは金額も大きく1年、2年といった短いスパンではなく、長い期間借りる人がほとんどでしょう。ローン返済期間中にお子さまの独立等でのライフスタイルの変化や、退職金や相続等でまとまったお金を得ることもあるかもしれません。そうした時に、住宅ローンの一括返済を検討する人もいるでしょう。

前述の通り、住宅ローンは借入金額が大きく、返済期間も長い傾向にあるので、一括返済を行うことで得られる利息負担軽減のメリットも大きくなることがあります。

また、住宅ローンを組む際に保証会社への保証料を一括して支払っていた場合には、残期間の保証料が返還される場合もあります。契約時に支払う保証料の金額は保証会社ごとに異なりますが、目安は借入金額の2%程度ですので、3,000万円の借入れであれば、60万円程度の保証料を前払いしていたことになります。一括返済によってその一部が返還されますが、返還される金額は保証会社によって異なります。

【マイカーローン】一括返済のメリット

マイカーローンを組む際、車の所有権は多くの場合、ローンを組んだ信販会社やディーラーになっています。ローンを完済すれば所有権を自分にすることができ、売却や廃車手続き等がスムーズに行えます。

ただし、マイカーローンを完済して自動的に切り替わるわけではなく、所有権変更の手続きが必要になります。手続きは自分で行うこともできますが、代行を依頼することもできますので、返済時に確認するようにしましょう。

(3)【種類別】ローンの一括返済のデメリットは?

ローンを一括返済することによるメリットは大きいのですが、デメリットもあります。
まず、手間がかかることです。返済の手順や内容等を借入先のローン会社や金融機関に出向いたり、インターネットで調べる必要があります。返済可能な方法はローンの契約内容によっても異なりますが、契約書を確認しても理解できないこともあるでしょう。電話やインターネット等で借入先に確認をするようにしましょう。

また、「どのくらいローンでお金を借りたか」については認識があるものの、利息を含めた総返済額についてはよく分かっていない人も多くいます。500万円借りたから、500万円を準備すれば一括返済ができるとは限りません。実際の借入金額に利息がかかるからです。一括返済の準備をする際に、どのタイミングで返済する予定か、その時点で一括返済するために必要な金額も確認するようにしましょう。

一括返済をすればローンがなくなり、気持ちは晴れやかになるかもしれません。しかし、ローンを早く返したいからといって手元にあるお金をすべて一括返済に充ててしまうと、返済した後に、急にまとまったお金が必要になる可能性もあります。生活費などをきちんと確保し、ある程度の貯金を残したうえで一括返済を検討するようにしましょう。

【カードローン】一括返済のデメリット

カードローンを一括返済した場合のデメリットとしては、新たに借入れするきっかけを作ってしまうことです。一括返済をして借入残高がゼロになることで、契約額までの借入れが可能となります。これまで返済に追われていた場合は、気持ちが晴れやかになり、気が大きくなってしまうかもしれません。
借入枠に余裕が生まれることはメリットでもあり、デメリットでもあります。「ちょっとお金が足りないな」という時にカードローンに頼り過ぎないよう、計画的に利用するようにしましょう。

【住宅ローン】一括返済のデメリット

住宅ローンを利用している場合、住宅ローン控除の適用を受けられることがありますが、一括返済をしてしまうと控除の適用が終了してしまう場合があります。住宅ローン控除は、年末のローン残高に応じて所得税や住民税から控除される制度です(2022年1月18日現在)。控除期間中に一括返済をしてしまうと控除の適用が終了してしまいますので、控除の適用により受けられるメリットと一括返済により受けられるメリットをよく確認するようにしましょう。

【マイカーローン】一括返済のデメリット

借入先によっては、一括返済の際に手数料がかかることがあります。この手数料が高額であれば、一括返済しても結果的に支払負担を軽減できない可能性もあります。手数料は借入先によって異なるので、一括返済に必要な手数料がどのようになっているか確認するようにしましょう。

(4)一括返済を視野にいれたローンの選び方のコツ

将来的に一括返済を行うことを視野に入れてローンを利用したいと考える場合は、ローンを選ぶ時点でチェックしておきたい点があります。一括返済をする際に損をしないための3つのポイントについてご紹介します。

一括返済の手数料はかかるか?

ローンの契約先によっては、一括返済の際に手数料がかかる場合があります。この金額が少なければ一括返済した方が得になりますが、もし手数料金額が大きい場合は一括返済をしてもあまり得にならない可能性もあります。特に、ディーラーローンは手数料が多くかかる場合もあるため、契約前に確認するようにしましょう。

一括返済するときの手続きは?インターネットで手続きできるか?

一括返済をする際の手続きについても、あらかじめチェックしておくようにしましょう。金融機関の窓口まで直接現金を持参するとなれば、仕事を休まなければならない場合もあります。インターネットで一括返済ができれば、時間を問わずいつでも手続きができます。

損をしない一括返済のタイミングはいつか?

一括返済するタイミングは、手元のお金に余裕ができた時を選ぶことが重要です。お子さまが独立して貯蓄ができている等、タイミングを見計らいましょう。
また、住宅ローンの場合には控除もあります。控除期間中に一括返済を行うとかえって損になってしまうこともあります。どちらが得か計算することをおすすめします。

(5)ローンの一括返済の方法

一括返済をするための方法についてご紹介します。

借入残高を確認する

借入残高を確認し、返済予定日を決めたうえで、利息や手数料等も含め一括返済に必要な金額がいくらになるか借入先であるローン会社や金融機関に確認します。返済日によって利息金額は変動しますので注意しましょう。

返済方法をローン会社や金融機関に確認する

返済方法はATMでの現金入金や、指定口座への振込み、窓口での支払い等ローン会社や金融機関によって異なります。詳細な手続きについては、借入先に確認しましょう。また複数の返済方法がある場合、返済方法によっては手数料などの条件が異なることもあるので、合わせて確認するようにしましょう。

入金する

返済方法が決まったら、必要な金額を決まった方法で支払います。借入先で入金確認ができれば一括完済となります。

(6)まとめ

ローンの一括返済について、以下のポイントでご紹介しました。

  • 一部繰上返済との違い
  • 一括返済のメリットとデメリット
  • 一括返済を視野にいれたローンの選び方のコツ
  • 一括返済の方法

一括返済をすれば、総返済額が減らせるというメリットもありますが、一時的に手元の資金が減ることで生活に支障が出ることもあります。たとえ手元に貯蓄があっても、お子さまの進学が控えている等支出が増えるタイミングでの一括返済は慎重に行いましょう。ライフプランに合わせて返済プランを立てるようにしましょう。
また、一括返済をしようと思ったら手数料が予想以上に高いということもあります。契約する前に、一括返済を行う際の手数料についても調べておくことをおすすめします。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

車の維持費ってどれくらい?
車種別に平均費用や節約方法を紹介
《資産運用の虎の巻》
初心者におすすめの運用方法4つと、
始め方やリスクについて
【20〜30代向け】社会人の平均貯金額はいくら?
賢く貯蓄を増やす方法を解説!
お金の貯め方のコツって?
無理なく効率的に貯蓄を増やすおすすめの方法6選!

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる