メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

車の購入はローンと一括購入、どちらを選ぶべき?
新車の購入についてもご紹介

車を買う際、一括購入するかマイカーローンを組むか迷うこともあるでしょう。車はローンと一括購入のどちらが得なのでしょうか。それぞれのメリット、デメリットや、向いている人、マイカーローンの基本事項などについてご紹介します。

(1)車はローンと一括購入どちらがお得か?

車は、家などと同じで高額商品の一つです。購入する際にはよく吟味し考えてからという人がほとんどでしょう。
それは「どの車を買うか」だけでなく、一括かローンか、支払方法で悩むこともあるでしょう。お金を貯めてから一括で購入するのとローンを組むのでは、どちらがお得なのでしょうか。

車を購入した場合にかかるお金

車を購入する際には、法定費用はもちろん、それ以外にもお金がかかります。マイカーローン(自動車ローン)で購入した場合でも変わりません。

まず、主な法定費用からご紹介します。

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 消費税
  • リサイクル料金
  • 自賠責保険料

「環境性能割」は聞きなれないという人もいるかもしれません。以前は「自動車取得税」とされていたものが、2019年10月より環境性能割と呼ばれるようになりました。

法定費用以外にもかかる費用には、以下のようなものがあります。

  • 新車検査登録の手数料
  • 車庫証明の取得費用
  • 任意保険料
  • 希望ナンバープレート取得手数料
  • 納車費用
  • 下取車費用

すべてがかかるわけではなく、場合によってはかからないものもあります。

車の一括購入をする場合のメリット

一括購入する際のメリットとしては、まず金利がかからないことです。車は高額商品ですので、その費用に金利がプラスされてしまえば、支払総額は車両価格よりも大きい金額になってしまいます。
また、ディーラーローンを利用した場合、ローン完済までの所有権がディーラーや信販会社となってしまいます。一括で購入した場合には、自分の名義にできますので売却や廃車も自分の判断でおこなうことができます。

車の一括購入をする場合のデメリット

一括購入の一番のデメリットは、大きな金額が一度に出ていくことです。十分に貯蓄しているのであれば、デメリットに感じないかもしれませんが、あまり余裕のない状態で一括購入をしてしまうと、場合によっては生活を圧迫する恐れもあります。購入後に生活を維持できるだけの、生活資金をきちんと確保してから購入するようにしましょう。

車をマイカーローン(自動車ローン)で購入した場合にかかるお金

車を買うだけであれば、車両費用、自動車重量税や保険料関係の諸経費を準備すればよいのですが、マイカーローンで購入する場合には、事務手数料や保証料がさらに必要になることがあります。

事務手数料は、ローンを利用するにあたって金融機関に支払う費用で、金融機関によって金額は異なります。無料の場合もありますが、数千円程度かかることもあるでしょう。

また、保証料はマイカーローンを契約する際に保証人代わりとなる保証会社に支払う費用で、借入金額の1〜2%前後に設定されていることがほとんどです。保証料は、借入れ時に現金で支払うことになります。

車をマイカーローン(自動車ローン)で購入する場合のメリット

マイカーローンで購入する場合には、一括購入と異なり一時的に大きな金額が出ていくことがありません。高額な車を分割で購入できることがメリットで、たとえまとまった現金が手元になくても、無理のない借入計画、返済計画でローンを利用することにより、購入が可能です。

また、ディーラーローンを利用した場合、ディーラーが信販会社から紹介手数料を受け取れるため、場合によっては値引きをしてもらえることもあります。

車をマイカーローン(自動車ローン)で購入する場合のデメリット

マイカーローンのデメリットとして大きいのが、金利負担です。マイカーローンにはいくつか種類がありますが、銀行系ローンであれば年1〜年4%、ディーラーローンでは年3〜年5%程度が金利の相場になっています。車の金額が高ければ高いほど、支払総額は上がり、一括購入よりも高くなってしまいます。毎月の返済額はもちろん、借入額と支払総額をしっかり確認し、利息がどれくらいかかっているのかチェックをしてから、ローンにするかどうかを決めるようにしましょう。

また、ローンを利用するには審査があります。収入や、過去の借入れ状況によっては審査が通らない場合もあります。

100万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション(車種別)

価格が100万円台の車種としては以下のような車があります。

  • スズキ アルト
  • ダイハツ ミライース
  • ホンダ N-BOX
  • スズキ ハスラー

100万円を金利年3%で借り、5年で返済する場合(ボーナス月増額返済なし)の返済シミュレーションをご紹介します。

  • 返済額 1,078,080円
  • 利息の総額 78,080円
  • 毎月の返済額 17,968円

200万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション(車種別)

価格が200万円台の車種としては以下のような車があります。

  • トヨタ シエンタ
  • トヨタ アクア
  • トヨタ ヤリスクロス
  • 日産 ノート

ハイブリッド車を始め、SUV車やミニバンなど購入できる車種が広がります。中古車であれば、外国車の購入も可能でしょう。

200万円を金利年3%で借り、5年で返済する場合(ボーナス月増額返済なし)の返済シミュレーションをご紹介します。

  • 返済額 2,156,220円
  • 利息の総額 156,220円
  • 毎月の返済額 35,937円

300万円のローンを組んだ場合の返済シミュレーション(車種別)

価格が300万円台の車種としては以下のような車があります。

  • トヨタ ハリアー
  • ホンダ ステップワゴン
  • スバル フォレスター
  • フォルクスワーゲン Golf
  • MINI ONE

高級SUVやミドルクラスのミニバン、外国車も新車で購入が可能となるでしょう。

300万円を金利年3%で借り、5年で返済する場合(ボーナス月増額返済なし)の返済シミュレーションをご紹介します。

  • 返済額 3,234,360円
  • 利息の総額 234,360円
  • 毎月の返済額 53,906円

(2)車のローンを申込む前に知っておきたい基本事項

マイカーローンを申込む前に知っておきたい、返済額や利息、利用方法などの基本事項についてご紹介します。

マイカーローン(自動車ローン)の返済額

マイカーローンの返済額は、元金の返済と借入残高に応じて支払う必要がある利息を合わせた金額になります。返済を進めていくことで借入残高が減るため、利息額は減りますが、借入期間が長いほど利息の負担は大きくなります。

返済方法には、元利均等返済と元金均等返済があり、多くのマイカーローンでは元利均等返済が用いられています。
この返済方法は、元金と利息の割合を調整することで毎月の返済額を均一にしますので、支払わなければならない毎月の金額が変わることがありません。しかし、元金の減るスピードが元金均等返済に比べて遅いため、利息の支払総額が大きくなります。

マイカーローン(自動車ローン)の利息

マイカーローンの利息は、契約時に設定される金利によって変わり、「変動金利」と「固定金利」のどちらを選ぶかで毎月の返済額と利息総額が異なります。
変動金利は、その時の経済状況に合わせて利率が変わります。景気が良い時には利率が上がり、負担が大きくなります。ただし、利率は固定金利より低く設定されることが多いです。

固定金利は、契約時に決めた年数の間、一定の利率が適用されます。その時の経済状況に左右されにくいですが、金利相場が下がったとしても、契約した時の高い利率のまま支払わなければなりません。

マイカーローン(自動車ローン)の利用方法

マイカーローンには、全額をローンで支払う「フルローン」と、頭金を入れ足りない部分をローンで支払う「頭金+ローン」があります。
フルローンは、手元の現金があまりない場合でも利用できますし、貯金は貯金で置いておきたい、という場合にもよいでしょう。
頭金+ローンは、頭金の額にもよりますが、多く頭金を用意できれば借入額は少なく済むため、毎月の返済額が少なく、利息総額も抑えられるメリットがあります。また、ローンを上限額まで使って借りた場合でも、頭金をプラスすることで、上限額より高い車を購入することもできます。

(3)新車は一括購入とマイカーローンどちらを選ぶべき?

新車を買う際に、一括購入をするかマイカーローンを利用するか、どちらもメリット、デメリットがあります。一括購入をすれば毎月の負担額はなくなりますが、一時的に貯金が減り、場合によっては生活を圧迫してしまう可能性もあります。マイカーローンは、頭金を準備しなくても利用できますが、毎月の負担額が重くなってしまう恐れもあります。現在の貯金額や毎月の負担額などを考慮し、自分に合う方を選ぶとよいでしょう。

一括購入が向いている人

現在の貯金額に余裕があり、一時的に大きなお金を支払ったとしても生活に支障がない場合には、一括購入を選ぶのもよいでしょう。所有者が自分になりますので、車を自由に扱うこともできますし、毎月の支払いも発生しません。利息も発生しないため、総支払額を抑えたいと考える人にも向いていると言えるでしょう。

マイカーローン(自動車ローン)が向いている人

貯金にあまり余裕がない場合には、マイカーローンを選ぶとよいでしょう。ローンの種類や返済期間も選べますので、ライフスタイルに合わせて選ぶことで安定した生活を送ることができます。しかし、利息の支払いが発生するため総支払額は大きくなりますし、毎月の返済額が重くなることも考えられます。収入と支出のバランスを考え、無理のないローンを組むことが大切です。

(4)マイカーローン(自動車ローン)を一括返済するとお得なの?

マイカーローンは、一括返済をすることもできます。毎月いくら支払う、と決めて契約したとしても、賞与などでまとまったお金が準備できた場合には、一括返済を検討するのもよいでしょう。基本的には、予定よりも早く返済するため、本来支払わなければならなかった利息を払う必要がなく、支払総額を抑えることができます。

ただし、利用しているマイカーローンによっては、繰上返済手数料がかかったり、支払手数料、利息が支払総額に含まれて計算されている場合、一括返済をしてもメリットにならないこともあります。中には一括返済不可とするマイカーローンもあるため、一括返済ができるかどうか、一括返済をおこなった場合にメリットがあるかを確認しておくことをおすすめします。

(5)まとめ

車の購入について、ご紹介しました。

  • 車は一括購入とローン、どちらがお得か
  • 一括購入する場合のメリット、デメリット
  • マイカーローンで購入する場合のメリット、デメリット
  • 返済シミュレーション
  • マイカーローンの基本事項

一括購入をするか、マイカーローンを利用するか迷うことがあると思いますが、どちらもメリット、デメリットがあります。自分に合う方はどちらか考え、選ぶとよいでしょう。マイカーローンを利用する場合は、返済シミュレーションについてもご紹介しましたので、生活に支障がなく無理のない返済ができるよう組むようにしましょう。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

車の維持費ってどれくらい?
車種別に平均費用や節約方法を紹介
《資産運用の虎の巻》
初心者におすすめの運用方法4つと、
始め方やリスクについて
【20〜30代向け】社会人の平均貯金額はいくら?
賢く貯蓄を増やす方法を解説!
お金の貯め方のコツって?
無理なく効率的に貯蓄を増やすおすすめの方法6選!

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる