メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

カードローンとは?
カードローンのおすすめポイント3選!

カードローンとは、お金が必要な時に迅速かつ手軽にお金を借入れることのできる個人向けの融資サービスです。
カードローンには、銀行や信用金庫が提供する「銀行系」、信販会社やクレジットカード会社が提供する「信販系」、
消費者金融会社が提供する「消費者金融系」があります。
ここでは主に銀行系カードローンを取り上げ、その特徴について紹介します。
カードローンのメリットやデメリット、銀行が提供している他の融資サービスとの違い、
どのような人がどのような目的でカードローン利用しているかなど、いろいろな面から見ていきましょう。

(1)カードローンのおすすめポイント3選

カードローンは手持ちの資金が足りない時にすぐにお金を借入れることができる便利なサービスです。銀行等の金融機関では、他にも住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどといった各種の個人向け融資サービスを提供していますが、それらのローンにはない手軽さと自由さがカードローンの魅力になっています。

担保・保証人は不要

ほとんどのカードローンは、申込む上で担保や保証人を用意する必要はありません。これからカードローンを利用してみたいという人にとっては、申込みしやすいのではないでしょうか。
ただし、申込時には必ず審査があり、返済能力があるかどうかのチェックが行われ、審査に通らなければカードローンの契約はできません。

使いみちは自由

住宅ローンや自動車ローン等は利用目的が限定されているのに対し、カードローンは事業用資金を除けば、利用目的を問いません。借入れたお金はどんなことにでも自由に使うことができます。1枚持っていれば、いざという時の強い味方になりますね。

何度でも借入れ可能

借入限度額の範囲内であれば、何度でも借入れが可能です。借入れ方法も簡単で、金融機関や駅・コンビニ等のATMで借入れることができます。
また、返済については、毎月借入額や契約額に応じた金額が普通預金口座から引落されるほか、ATMを使って臨時返済も可能です。返済を行えば、そのぶん借入れ可能な金額が増えることになります。

(2)カードローンとクレジットカードの違い

金融系のカードというと、クレジットカードを思い浮かべる人も多いかもしれません。では、カードローンとクレジットカードではどこが違うのでしょうか。

前述したように、カードローンは必要な時にお金を借りることができる借入れ専用のカードです。
一方、クレジットカードは現金のお借入れ(キャッシング)もできますが、メインの機能はカードを使っていろいろなお支払いができること。たとえば、現金を持たずにショッピングができたり、オンラインショッピングで利用できたり、公共料金や税金等の引落しなどができます。また、クレジットカードは付帯サービスも充実しており、支払額に応じてポイントやマイルが貯まったり、カードによっては各種優待サービスや付帯保険を利用できたりするものもあります。

多機能で多彩なサービスを持つクレジットカードですが、お金を借入れるという機能で比べると、クレジットカードよりもカードローンのほうが、金利が低く、借入限度額が大きい傾向にあります。

(3)カードローンとフリーローンの違い

銀行が個人向けに提供しているローンサービスのひとつにフリーローンがあります。使いみちが比較的自由であるという点でカードローンとよく似ています。両者の違いについて紹介しましょう。

カードローンは一回申込んでカードを作れば、借入限度額の範囲内で自由に借入れできますが、フリーローンは申込みの際に利用目的と金額を申請し、その必要な額を一括で借入れるという特徴があります。
フリーローンは、たとえば、クルマの購入、海外旅行の費用、結婚式の資金、リフォームの費用など、決まった目的のためにまとまった費用を借入れたい場合に利用するケースが多いようです。ちなみに事業用や投資用の資金を利用目的とすることはできません。

明確な目的のために利用するフリーローンは、一回の申請につき一回の借入れとなり、再度、借入れを希望する場合は、もう一度申込み手続きを行い、あらためて審査を受けなくてはなりません。その点は、借入限度額の範囲内であれば何回でも借入れ可能なカードローンとは大きく異なります。

なお、金利や借入限度額で比較すると、フリーローンのほうがカードローンよりも金利が低く、借入限度額が大きい傾向にあります。

(4)銀行系カードローンのメリットとデメリット

冒頭で述べたように、カードローンはサービスの提供元によって「銀行系」「信販系」「消費者金融系」に大別されます。この三者を比較した場合、銀行系カードローンにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

銀行系カードローンのメリット

金利が低め

銀行系カードローンのメリットのひとつは、金利が低めに設定されているケースが多いこと。カードローンの最高金利は利息制限法という法律で決まっており、その範囲内で各事業者が金利を設定しています。そのため、各事業者で金利は異なりますが、銀行系カードローンの金利は、信販系とはほぼ同等、消費者金融系と比べると低い傾向にあります。

安心感がある

銀行系カードローンは、日頃から馴染みのある銀行や信用金庫等が提供するサービスという安心感があるようです。特に口座を持っている金融機関のカードローンであれば、なおさら身近に感じ、安心感が高まるのではないでしょうか。
全国銀行協会の「銀行カードローンに関する消費者意識調査<調査結果>」(2020年3月31日付)において、銀行カードローンの利用者が“銀行カードローンを利用した理由”を見てみると、「銀行だから安心であると感じたため」という回答が37.8%で最も多くなっています。

銀行系カードローンのデメリット

審査に時間がかかる

銀行系カードローンは、信販系や消費者金融系に比べると、申込時の審査に時間がかかる傾向にあります。最も審査時間が早いのは消費者金融系で即日融資ということも。信販系はおおむね翌営業日に審査結果が出るようです。一方、銀行系カードローンの審査結果は早くても翌営業日、場合によっては1週間近くかかることもあります。そのため、今すぐ融資が必要という人には銀行系カードローンは不向きかもしれません。

審査がやや厳しい

上記の「審査に時間がかかる」という点ともつながりますが、銀行系カードローンは信販系や消費者金融系に比べると、審査がやや厳しい傾向にあります。

口座の開設が必要

銀行系カードローンの種類によっては、その金融機関に口座を持っていることが申込条件になっているケースがあります。口座を持っていない場合は、カードローンの申込みと同時に、返済用に口座を開設しなければならないケースがほとんどです。その場合、カードローンの申込み手続きに加え、口座開設の手続きも必要になるため、より時間と手間がかかります。

(5)銀行系カードローンの利用者層と利用目的

銀行系カードローンは、どのような人たちがどのような目的で利用しているのでしょうか。全国銀行協会による「銀行カードローンに関する消費者意識調査<調査結果>」(2020年3月31日付)の調査結果から見ていきましょう。1年以内に銀行のカードローンを利用した経験のある2,000名を対象とした調査です。

参考:銀行カードローンに関する消費者意識調査<調査結果>

カードローンの主な利用者層

銀行カードローンを利用している人たちの性別を見ると、男性が81.8%、女性が18.2%と男性の利用者が多い傾向があります。

性別・世代別では、「男性30代」(27.1%)が最も多く、次いで「男性40代」(22.9%)、「男性20代」(14.5%)となっており、男女を合わせた利用者の平均年齢は41.1歳となっています。
また、個人の年収別で見ると、「201〜400万円以下」(28.4%)が最も多く、次いで「401〜600万円以下」(26.5%)、「601〜800万円以下」(13.9%)で、個人年収の平均は452.3万円となっています。
利用者層の傾向を見てみると、男性が多いものの、世代や年収については幅広い層に利用されていることがわかります。

カードローンの主な利用目的

次に銀行カードローンの利用目的に関する調査結果を見てみましょう。

借入れの利用動機を尋ねた調査(複数回答)で、最も多かったのは「日常的な生活費の支出増加を補うため」(25.5%)、次いで「レジャー・趣味・娯楽を楽しむため」(23.7%)、「給与・ボーナス前の一時的な資金不足を補うため」(20.8%)、「所得(収入)が減少したため」(18.8%)、「冠婚葬祭・医療費等、急に多額の資金が必要になったため」(17.4%)となっています。
これを見ると、カードローンは生活費からレジャー費まで幅広い用途に利用されていることがわかります。

(6)カードローンのおすすめの選び方

カードローンには「銀行系」「信販系」「消費者金融系」があり、銀行系カードローンだけでも大手銀行、地方銀行、信用金庫などさまざまな金融機関がサービスを提供しています。
では、カードローンを申込む際、どんなところに注目して選べばよいのでしょうか。ここではカードローンを選ぶ際のポイントについて紹介します。

金利で選ぶ

借入限度額の範囲内であれば、借入れと返済を何度も繰り返すことができるカードローンの特性から、利用期間(返済期間)が長期にわたるケースが多くなります。そうなると、気にかかるのが金利です。わずか1%の金利の差でも、大きな金額を長期間にわたって借り続けると、利息金額の総額は大きく変わります。そのため、カードローンを選ぶ際はできるだけ低金利のものをおすすめします。

借入限度額で選ぶ

カードローンで希望の金額を借入れることができるかどうかは、借入限度額をチェックしましょう。特にまとまった金額を借りたい場合は重視すべきチェックポイントです。なお、カードローンの場合、借入限度額を「極度額」と呼ぶこともあります。

使い勝手で選ぶ

借りやすさ、返しやすさもカードローン選択のポイントです。
一般的にカードローンで借入れを行う場合はATMを利用しますが、利用可能なATMが数多くあれば、いつでもどこでも利用できて便利です。ただし、ATMで借入れる際には手数料がかかる場合もあるので、そちらもチェックしておきましょう。また、インターネットで借入れを申込み、指定の口座に振込まれるサービスを行っているものもあります。
一方、返済については、毎月決まった日に借入額に応じた一定額が指定口座から引落されるスタイルが一般的です。毎月の返済額がどれくらいになるかもチェックポイントのひとつといえるでしょう。また、手持ちの資金に余裕がある時、ATM等から臨時返済できるものもあります。

(7)池田泉州銀行のカードローンがおすすめ

池田泉州銀行でもカードローンのサービスを提供しています。当行のカードローンの特徴を紹介します。

申込み手続きが簡単

スマートフォンやパソコンから、WEBサイトを通じて、簡単に申込みから契約手続きまでを行うことができます。また、申込みに必要な書類は、基本的に本人確認資料と所得証明資料のみでOKです。

使いみちは自由

他のカードローンと同様に、事業目的以外であれば、どんな用途にも利用できます。ローンの借換えにも利用可能です。

ATMで借入れ・返済が可能

ATMを使って、いつでも借入れ・返済が可能です。池田泉州銀行のATMはもとより、駅のATM「Patsat」、コンビニのATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、E-netATM)が利用できます。

(8)池田泉州銀行のカードローンの種類

池田泉州銀行では3種類のカードローンを提供しています。それぞれの特徴は以下の通りです。

カードローン(キャッシュカード一体型)

当行のカードローンのスタンダードな商品です。普通預金口座のキャッシュカードにローン機能が追加されているので、1枚のカードでキャッシュカードとしても、カードローン用のカードとしても利用できます。当行に口座を持っていない人は、カードローンと同時に口座を開設することで利用が可能です。借入限度額(極度額)は最大300万円、金利は年14.5%です。

カードローンMaxV(マックスファイブ)

当行と2年以上の取引きがあるお客さまだけが利用可能な低金利のカードローンです。以下のいずれかの取引きがあれば、申込むことができます。

  1. 住宅ローン
  2. 給与振込
  3. 貸金庫
  4. 定期預金
  5. 当行が取扱うクレジットカード
  6. 公共料金の自動引落(電気、電話、ガス、水道、NHKのいずれか)

借入限度額(極度額)は最大500万円、金利は年5.95%です。

カードローンパッとサッと

当行ATMはもとより全国の提携金融機関のATMで利用できる、手軽で小回りの利くカードローンです。公共料金等の引落しの際、口座残高が足りない場合は不足分を自動的に融資してくれるので安心です。借入限度額(極度額)は10万円もしくは30万円の2タイプ。10万円タイプは月5,000円、30万円タイプは月1万円の返済となるほか、ATMや窓口で臨時返済も可能です。申込みは当行窓口でのみ受付けています。金利は年14.0%です。

(9)カードローンの使い方
(申込みから返済まで)

当行の「カードローン(キャッシュカード一体型)」を例に、申込みから返済までの流れや使い方について簡単に紹介しましょう。

カードローンの申込方法

以下は、最も手軽なWEBサイトからの申込方法です。パソコンやスマートフォンから手続きできます。

STEP 1

当行WEBサイトの
「ローン申込みマイページ」に登録。

STEP 2

マイページから希望のカードローンを選択。

STEP 3

画面の指示に従って必要項目を入力し、運転免許証やパスポート等の本人確認書類をアップロード。仮審査を申請。

STEP 4

仮審査の結果がメールで届きます。
審査結果はマイページでも確認できます。

STEP 5

仮審査に通ったら、マイページの「お手続き中のローン情報」に表示される「手続き再開」をタップ(クリック)。

STEP 6

画面の指示に従って必要項目を入力し、必要書類をアップロード。正式審査を申請。

STEP 7

正式審査の結果がメールで届きます。
審査結果はマイページでも確認できます。

STEP 8

正式審査に通ったら、マイページの「お手続き中のローン情報」に表示される「手続き再開」をタップ(クリック)。

STEP 9

画面の指示に従って必要項目を入力。

STEP 10

入力内容に基づいて当行で契約書を作成し、
マイページにアップロードします。

STEP 11

契約書に捺印し、
本人確認資料をアップロード。
これで手続きは完了です。

  • 当行に口座をお持ちでない方は、別途、口座開設の手続きが必要になります。

カードローンの借入れ方法

「カードローン(キャッシュカード一体型)」は、当行の普通預金口座キャッシュカードを使ってATMから借入れができます。
利用可能なATMは、池田泉州銀行ATM、駅のATM「Patsat」、コンビニのATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、E-netATM)です。

カードローンの返済方法

「カードローン(キャッシュカード一体型)」の場合、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に普通預金口座から自動引落しで返済されます。毎月の返済額は借入残高に応じて、1万円〜5万円になります。
また、毎月の返済とは別に、上記の利用可能なATMや当行窓口で任意の返済を行うことも可能です。

(10)まとめ

  • カードローンは、必要な時にATM等からすぐにお金を借入れることのできる便利なサービス。
  • カードローンを申込む上で担保や保証人は不要。利用目的は自由で、借入限度額の範囲内であれば、何度でも借入れが可能。
  • カードローンはサービスの提供元によって「銀行系」「信販系」「消費者金融系」に大別。「銀行系」「信販系」は金利が低く、「消費者金融系」は審査が迅速。
  • カードローンを選ぶ際は、金利、借入限度額、使い勝手などをチェック。
  • 池田泉州銀行ではスタンダードな「カードローン(キャッシュカード一体型)」、お取引さま限定で低金利の「カードローンMaxV」、手軽に利用できる「カードローン パッとサッと」の3種類を提供中。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

教育ローンとは?
選ぶ際のポイントや申請方法を紹介
マイカーローンの審査に
通りやすくなるポイントを解説
銀行系マイカーローン(自動車ローン)と
ディーラーローンの違いは?
教育ローンと奨学金の違いと選び方を徹底解説

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる