メニュー
とじる
  • 口座をひらく
  • 便利につかう
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる・のこす

自動車ローン(マイカーローン)の金利や相場は?
低金利なローンの選び方5選

自動車を購入するとき、ローンを検討される方も少なくないのではないでしょうか。
ひとくちに自動車のローンといっても、自動車販売会社が提供するローンや 金融機関が提供するローンなど、その種類はさまざま。
どれを選んだらいいのかがわからないという方もおられるでしょう。
自動車は高価なものなので、ローンの金利が少し違うだけでも返済総額や月々の返済額が変わってきます。
とはいえ、金利だけに注目してローンを選べばいいのかというと、そういうものでもありません。
ここでは主な自動車ローン(マイカーローン)の特徴や、ローンを選ぶ際のポイントについてご紹介します。
これから自動車を購入予定の方はぜひご参考ください。

(1)金利は固定金利と変動金利の2種類

自動車ローン(マイカーローン)によっては、金利を固定金利または変動金利の2種類から選べるケースがあります。それぞれの特徴を知って、より良い選択にお役立てください。

固定金利とは

借入時に決まった金利が完済までずっと変わらないのが固定金利です。毎月の返済額が変わらないため、計画的に支払計画を立てられるというメリットがあります。
デメリットとしては、低金利状態が続いている現在では、変動金利よりも利率が高くなる傾向がある点が挙げられます。

変動金利とは

景気の動向などによって金利が上下するのが変動金利です。一般的には半年ごとに金利が見直されます。
メリットは、現在のような低金利時代には固定金利より利率が低くなる傾向にあること。その一方で、返済期間中に金利が上がり、当初想定していた金額より返済総額が増えてしまうリスクを秘めていることはデメリットといえるでしょう。

(2)自動車ローン(マイカーローン)の種類と金利の相場

自動車ローン(マイカーローン)は、ローンを提供する業種によって複数の種類に分かれます。主だったものとして、銀行や信用組合等の金融機関が提供する「銀行系の自動車ローン(マイカーローン)」、自動車の販売会社が窓口となり、提携する信販会社等が提供する「信販会社系の自動車ローン(ディーラーローン)」、自動車の販売会社自らがローンを提供する「自社ローン」があります。
それぞれの特徴と金利の相場についてご紹介しましょう。

主な自動車ローン(マイカーローン)の比較

銀行系の自動車ローン
(マイカーローン)
信販会社系の自動車ローン
(ディーラーローン)
自社ローン
金利(目安) 年1%後半〜年4% 年3%〜年6% 年10%程度
審査の基準(目安) 比較的厳しい 比較的通りやすい 通りやすい
審査の期間(目安) 1〜4営業日 30分〜数時間 即時〜2日
クルマの所有者 最初から購入者名義 完済までは販売会社 完済までは販売会社
ローンの用途 幅広い用途が可能
(自動車やオプションの購入、車検・修理、免許取得など)
用途が限定
(同販売会社での自動車やオプションの購入)
用途が限定
(同販売会社での自動車やオプションの購入)

銀行系の自動車ローン(マイカーローン)の特徴

銀行系の自動車ローン(マイカーローン)の最大のメリットは、金利が低めに設定されていること。金利の違いは毎月の支払額や返済総額に大きく関わってきますので、これは見逃せないポイントです。
また、ローンの用途が幅広いこともメリットといえるでしょう。自動車やオプションの購入だけでなく、車検や修理の費用、タイヤ等の消耗品の購入費、まだ運転免許をお持ちでない人であれば免許取得費用などにも利用できます。

デメリットとしては、手続きに少々手間と時間がかかることが挙げられます。販売会社で自動車を注文したあとに、本人確認や収入確認等の書類を揃えて、あらためて銀行等の金融機関へ出向いてローンを申込む必要があります。また、ローンが組めるかどうか、金利がどれくらいになるかの審査に数日かかることが多く、審査自体もディーラーローンに比べると厳しい傾向にあります。

信販会社系の自動車ローン(ディーラーローン)の特徴

信販会社系の自動車ローン(ディーラーローン)の最大のメリットは、販売会社で自動車を注文し、その場でローンを申込めること。販売会社が営業していれば、土日祝日でもOK。審査も1時間程度で回答が出るケースがほとんどなので、自動車購入の各種手続きと同時にローンを組むことができます。また、銀行系の自動車ローン(マイカーローン)に比べると、審査自体も比較的通りやすくなっています。

デメリットとしては、自動車ローン(マイカーローン)に比べると、金利が高めに設定されていることや、ローンの用途が自動車やオプションの購入に限られるという点が挙げられます。
また、ディーラーローンの場合、自動車の所有者はローン完済までは自動車の販売会社になるため、完済後に名義変更の手続きが必要になるほか、ローン返済中に別の自動車に買い替えたい場合は各種手続きが必要になります。

自社ローンの特徴

自社ローンのメリット・デメリットは、おおむねディーラーローンと同様です。
特徴的なのは、自動車販売会社が独自に審査の基準を決めているため、審査に時間がかからず、審査自体も通りやすい傾向にあります。ただし、保証人を必要とするケースが多いようです。
自動車販売会社は金融機関ではないため、金利は発生しませんが、保証料等の名目で実質的には金利年10%程度と同等の支払いになります。
なお、自社ローンを取扱っている販売会社は限られており、利用をお考えの場合はあらかじめ販売会社に問合わせることをおすすめします。

(3)低金利の自動車ローン(マイカーローン)を選ぶときのポイント&注意点5選

自動車ローン(マイカーローン)を選ぶ際に、気をつけたいポイントや注意点を5つご紹介します。

複数の見積りをとって比較

自分が購入を考えている自動車の販売会社、口座を持っている金融機関、自宅や勤め先に近い金融機関など、複数社から見積りをとって比較検討し、自分に合った自動車ローン(マイカーローン)を見つけましょう。同じ銀行でも大手銀行と地方銀行では利率等が変わってきます。
主な比較ポイントは、金利、返済総額、月々の返済額、借入上限額など。また、金利以外に手数料や保証料が必要になるローンもあるので、そちらもしっかりチェックすることが大切です。

お得な情報をチェック

自動車ローン(マイカーローン)によっては、一定の条件を満たせば金利の引下げ等が受けられるケースがあるので要チェックです。
たとえば、その金融機関に口座を持っていたり、インターネットから申込むことで金利が引下げられるといったケースや、返済額に応じて提携ポイントが貯まるというものもあるようです。
また、期間限定の金利引下げやキャッシュバックのキャンペーンを行っている金融機関や自動車販売会社もあるので幅広く調べてみましょう。

金利は上限金利をチェック

自動車ローン(マイカーローン)の金利は、ほとんどの場合、○%〜○%といったように幅を持たせて記載されています。これは審査によって、一人ひとりの金利が決まるということを示しています。
金利を比較する際は、数字の大きいほうの金利(上限金利)で比較するようにしましょう。最低金利が低いからという理由でローンを申込んだところ、審査の結果、「思っていたより金利が高くなってしまった」というケースもあるので注意しましょう。

固定金利と変動金利を選択

本コラムの冒頭でもご紹介したように、自動車ローン(マイカーローン)によっては、完済まで金利が変わらない「固定金利」、景気変動などに応じて金利が上下する「変動金利」を選ぶことができます。
どちらが良いかは一概にいえませんが、90年代以降ずっと続いている低金利状態では、一般的に返済期間が短期(3〜5年)なら変動金利、長期(10年以上)なら固定金利が選ばれる傾向があるようです。

無理のない返済プランを

自動車ローン(マイカーローン)の返済額が家計を圧迫してしまっては大変です。借入金額、借入期間、金利をしっかり考え、ゆとりある返済プランを立てることが大切です。
自動車は車両代金以外にも、ガソリン代、駐車場代、自動車税、任意保険、車検代、修理代などの費用がかかってきます。特に初めてマイカーを買うという人は、こうした維持費についても考慮したうえで返済プランを立てましょう。

(4)250万円の自動車を買う場合の返済額シミュレーション

250万円の自動車をそれぞれのローンを利用して購入した場合(返済期間:5年間)、返済額がどれくらいになるのかをシミュレーションしてみましょう。

条件

  • 自動車の価格:250万円
  • 返済期間:5年間
  • 金利:固定金利/銀行系および信販系は金利相場の上限、自社ローンは年10%に設定
  • 返済方法:元利均等返済(月々の返済額が均等)/頭金なし/ボーナス払いなし
銀行系の自動車ローン
(マイカーローン)
信販会社系の自動車ローン
(ディーラーローン)
自社ローン
金利(年利) 4% 6% 10%
毎月の返済額 46,041円 48,332円 53,117円
利息総額 262,460円 399,920円 687,020円
返済総額 2,762,460円 2,899,920円 3,187,020円

(5)まとめ

  • 自動車ローン(マイカーローン)にはいろいろな種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切。
  • 自動車は高価な買い物。わずかな金利の差でも返済総額や月々の返済額が違ってくるので、金利は最重要チェックポイント。
  • 金利の低さなら「銀行系の自動車ローン(マイカーローン)」、手続きの簡便さなら「信販会社系の自動車(ローンディーラーローン)」、審査の通りやすさなら「自社ローン」がおすすめ。

あなたにおすすめのコラム

よく読まれているコラム

新着コラム

教育ローンとは?
選ぶ際のポイントや申請方法を紹介
マイカーローンの審査に
通りやすくなるポイントを解説
銀行系マイカーローン(自動車ローン)と
ディーラーローンの違いは?
教育ローンと奨学金の違いと選び方を徹底解説

注目カテゴリワード

気になるカテゴリワードから
知りたい情報をみつけよう

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」
ログインページのご案内

池田泉州銀行 ホームページはリニューアルいたしました。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、
トップページ(https://www.sihd-bk.jp/)画面右上の
「インターネットバンキング ログイン」ボタンをクリックし、
ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、
画面左上の「法人・個人事業主のお客さま」をクリックし、メニューよりお進みください。

個人のお客さま「インターネットバンキング」
法人・個人事業主のお客さま「インターネットEB」のログインページへは、画面上部の「ログイン」ボタンをタップし、ご利用になるサービスのログインボタンよりお進みください。
法人・個人事業主のお客さまトップページ(https://www.sihd-bk.jp/corporation/)は、画面右上のメニューボタンをタップし、メニューよりお進みください。

  • 閉じる